よくあるご質問

製品について

レベルチェッカー

 

最近のレベルチェッカーには、MER測定機能がついていますが、MERとは何ですか。

 

Modulation Error Ratioの略です。
受信したテレビ信号が、デジタル変調(振幅・位相)において、放送局から送信された振幅・位相と、実際の振幅・位相との差を数値化したもの。25dB以上であることが、受信良好な状態の目安となります。


 
 

最近のレベルチェッカーには、BER測定機能がついていますが、BERとは何ですか。

 

Bit Error Rateの略です。
放送局から送信されたテレビのデジタル信号が、搬送中にノイズなどの影響を受けずに、どれだけ正確に受信できたかを信号の誤り率で数値化したもの。
「2.00E-4(2.00×10-4)」以下であれば受信可能な状態ですが、「0.00」が受信良好な状態の目安となります。


 
 

MERとBERは両方を測定したほうが良いのですか。

 

MERの値は、目安として22dBを割るとBER値の劣化が始まります(妨害波の混入があるときは異なります)。したがってMERを測定することで、BERの劣化が始まるまでの信号品質のマージンを把握することができます。BER測定は、信号品質が良いときはエラーフリー(測定限界)状態となり、あまり良くないときに数値を表示しますので、良否判定ができますが、BER値の劣化が始まるまでの信号品質のマージンは判りません。したがって両方測定の上、評価することをおすすめします。


 
 

テレビは映っているのに、MERを測定すると15dB位しかありません。どうしてですか。

 

地上デジタル放送対応テレビ(またはチューナー)は、信号レベルが34dBμV程度でも映りますが、レベルチェッカーのMER測定は一般的に信号レベルが40dBμV以上必要です。この場合、信号レベルが40dBμv以下の可能性が考えられます。

 
 

LC5、LC6でのスカパー※1の測定方法を教えてください。

 

LC5※2、LC6ともにチェッカーを周波数表示にし、測定したいトランスポンダーの中心周波数を設定して測定します。中心周波数は当社ホームページの総合カタログBS(BS-IF)、CS(CS-IF)周波数をご参照ください。
※1 2012年10月より「スカパー! e2」は「スカパー! 」へ名称変更いたしました。
※2 LC5は測定可能な周波数が1880MHzまでです。

 
 

LCN2でのスカパーの測定方法を教えてください。

 

レベルチェッカーの電源をオンにし、メニューボタンを押します。BS・CS測定を選択します。衛星名表示でN-SATを選択して測定します。

 


ページの先頭へ戻る