よくあるご質問

製品について

ブースター(増幅器)

 

テレビの映りが悪いとき、ブースターを使って改善できますか?

 

ブースターはテレビ信号を増幅する働きをします。アンテナからテレビまでの配線が長かったり、信号の分配数が多かったりすることによるテレビ信号の損失が原因であれば、ブースターを使って改善できます。(テレビ信号の損失が原因の場合、アナログ放送ではざらついたような映りの悪い画面になります。デジタル放送はブロック状のノイズ画面になるか、映らなくなります)

ブースターは入力された信号をそのまま増幅します。したがって、入力された信号の品質がすでに悪ければ、品質の悪い原因(ノイズ)も一緒に増幅してしまうため、画質はかわらないうえに、かえって映りが悪くなる場合もあります。ブースターはケーブルや分配器などの損失を補うもので、信号品質をよくすることはできません。信号の品質を改善するには、高性能アンテナに取換えたり、アンテナの設置場所・高さを変えたりすることが必要となります。詳しくは、お近くの電気店にお問合わせください。

【ビデオ・TVブースターについて】

今まできれいなテレビを見ていたのに、次のことが原因で映りが悪くなった場合、ビデオ・TVブースターでも改善できます。

  • 壁面テレビ端子からテレビまでのケーブルを長くした。
  • 壁面テレビ端子からテレビまでの間で、ビデオやHDDを接続するために信号を分配した。
図:ビデオ・TVブースターについて

 
 

ブースターを1台設置しています。映りが悪いのですが、もう1台ブースターを連続で設置すれば映りは良くなりますか?

 

良くならないことがほとんどです。ブースターで電波を強くしすぎると、電波がひずんで、信号の品質が悪くなることがあります。ブースター1台の状態でブースターの利得を「MIN.」(最小)側にするなどブースターを調整してください。「MIN.」(最小)側に回すと映りが良くなる時は電波を強くしすぎていることが考えられます。
利得を調整しても映りが変わらない時は、ブースターに入力される電波の品質が悪いことが考えられます。この場合、ブースターに入力する信号の品質を改善する必要がありますから、お近くの電気店にご相談ください。

 
 

BS(CS)デジタルチューナーで表示されているアンテナレベルが低いのですが、ブースターを使ってレベルを上げることはできますか?

 

できません。BS(CS)デジタルチューナーのアンテナレベル表示の数値はメーカーによって異なりますが、信号レベルの高い、低いを表示しているのではなく、信号の品質を考慮して表示しています。ブースターを使っても信号品質の改善はできないため、チューナーのアンテナレベル表示の数値は変わらないか、かえって低くなってしまうこともあります。(ただし、アンテナからチューナーまでのケーブルの長さが30m以上ある場合や、アンテナからチューナーまでの間に信号を4つ以上に分配している場合、画質がよくなる可能性があります) アンテナレベル表示の数値が低い原因は、アンテナの方向ズレや設置場所の不具合が考えられます。アンテナの方向を再調整するなど、信号品質の改善を試みてください。

 
 

地上デジタル放送とアナログ放送のレベル差が大きく、ブースターでデジタル放送のレベルを上げようとすると、画像障害が発生します。対応策がありますか。

 

特定地域用ミキサーやUHFバンドエリミネーターが用意されている場合がありますから、お近くの電気店にご相談ください。

 
 

地上デジタル放送が映らないので、ブースターを追加しましたが映りません。どうしてですか。

 

アンテナ直下に設置して正常に映らない環境では、ブースターの効果は期待できません。アンテナで受信できていないか、信号品質が悪いためです。この場合、高性能なアンテナに交換するかアンテナの設置場所を変えるなどの対策が必要です。また、ブースターはなるベく信号レベルが高い場所(アンテナ直下)に設置し、アンテナとブースターは1m以上離して設置してください。
高性能なアンテナに交換しても、改善されないことがありますから、お近くの電気店にご相談ください。。

 
 

ブースターを追加しても、テレビやチューナーのアンテナレベルが変わりません。どうしてですか。

 

テレビやチューナーのアンテナレベル表示は電波の強さではなく、信号品質(CN比)の度合いを示しています。ブースターを追加すれば信号レベルは上がりますが、信号品質は変わりませんから、アンテナレベル表示が変化しない場合があります。(ブースターの設置位置によっては変わることもあります)

 
 

ブースターを追加するときの注意点はありますか。

 

ブースターを使用することで、信号レベルを上げることができますがCN比(信号品質)は改善できません。ブースターには適切な入力レベルの信号が必要になります。信号レベルが低くなりすぎてから使用しても効果はありません。
また逆に強すぎる信号をブースターに入力すると信号が歪み、障害が発生し効果が得られません。
従ってブースターは信号レベルが適正なレベル内でなるべく高く、CN比が良い場所に設置すると効果的です。具体的にはアンテナ直下が望ましいと言えます。

 
 

旧式のブースターは地上デジタル放送用に使えますか。

 

UHF帯域の増幅機能があるブースターであれば、使用できる場合がありますが、画像障害の原因となったり、レベル調整が必要となったりしますから、地上デジタル放送対応ブースターに交換することをおすすめします。

 
 

卓上ブースターは、地上デジタル放送にも効果がありますか。

 

元はきれいに映っていたテレビ信号を、レコーダーやテレビに分配して、地上デジタル放送の映りが悪くなった時に効果があります。

 
 

ブースターが壊れたので買換えたいのですが。

 

電気店にご相談いただき、現在お使いのブースターと同等のブースターに取換えてください。ブースターには電源・増幅部が一体型と、電源部と増幅部が分れた電源分離型があります。現在お使いのブースターがどちらのタイプかご確認いただき、同等のブースターに交換してください。


 
 

ブースターが古くなったので、ビデオ・TVブースターを購入して同じ場所に取付けましたが映りません。しかし、元のブースターに戻すと元通り映ります。なぜですか。

 

もともとお使いのブースターが、電源部と増幅部に分かれた電源分離型ブースターで、ブースターと思い交換されたものがブースター電源部であることが原因だと考えられます。電源部は増幅部に電流を送ります。増幅部は電源部から電流を供給されて働きます。ビデオ・TVブースターは電源部と増幅部が一体になったブースターで、電流を送る機能はありません。このため、アンテナの近くに設置された増幅部が働かなくなり、電波が著しく弱くなりテレビが映らなくなります。現在お使いのブースターと同等の電源分離型ブースターををお買い求めいただき、電源部と増幅部をセットで交換する必要があります。


 
 

ブースター電源部WPD6は、BSアンテナへの電源供給器として使えますか?

 

BS・110°CSアンテナはDC15Vで動作します。WPD6はDC15Vを供給しますので、BS・110°CSアンテナの電源としてお使いいただけます。

 


ページの先頭へ戻る