ホーム

MASPRO

MENU
  1. マスプロホーム
  2. お知らせ
  3. 2017年 新年のご挨拶

お知らせお知らせ

マスプロ電工株式会社
2017年1月5日

2017年 新年のご挨拶
『 チェンジ 』
〜 変革のために行動 〜

 明けましておめでとうございます。

 日本経済において大きな節目となる2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで、あと3年数か月になりました。このビックイベントに向けて、我々がいる業界では4K8K放送が本格的に始まることになります。また、社会全体では、あらゆる領域で技術革新や変化が起きており、それらを使った製品やソリューションも市場で多く求められています。

 マスプロ電工ではこれらのニーズに対して、得意分野の「高周波技術」を応用し、様々な事業領域において、積極的に取組んできております。
 4K8K放送については、一昨年、業界に先駆けて4K8K対応受信機器を市場投入し、現在では衛星アンテナからテレビ端子まで、すべての4K8K対応機器をラインナップして、今年予定の110°CS試験放送に対応できるようにしています。一方、国内外を含め1日約92万人の来場者が予想されるオリンピックは、安全確保のためテロ対策が大きな課題となっています。そこで期待されるのは当社が技術研究を進めてきたミリ波を応用した製品、ミリ波パッシブボディースキャニング装置です。ハンディータイプと据置タイプを揃えており、ハンディータイプは昨年の伊勢志摩サミットにおいて実際に使用されました。そしてまた、IoT時代の到来を予想し、物流管理の作業時間短縮、人件費削減などの効果を発揮するソリューションとして、RFIDシステムの開発も進めております。市場参入してから1年強経ちますが、ICタグを読み取るRFアンテナの技術力などが評価され、市場で認知されてきています。これらの他に4K画質で360°撮影可能なアクションカメラをコダック社の日本総代理店として販売しており、今までにない画像の世界観を提供しています。

 マスプロ電工は、2013年以降、全社員で取組んできた改革により企業競争力を高めてきました。世の中の環境変化にスピーディーに対応するため、昨年は選択と集中を行ないその成果が出始めています。今年は更に新しい事業領域にも果敢に挑戦するため「チェンジ〜変革のために行動〜」をスローガンに掲げ、ニーズにあった製品やソリューションを提案し、社会に必要とされる企業を目指して参ります。
 本年も相変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

2017年1月
マスプロ電工株式会社
代表取締役社長 端山 佳誠

ページの先頭へ戻る