MASPROMASPRO

  1. マスプロホーム
  2. お知らせ
  3. 2018年 新年のご挨拶

お知らせお知らせ

マスプロ電工株式会社
2018年1月5日

 2018年 新年のご挨拶
『 挑戦 』
〜 変化する環境の中で価値創造 〜

 明けましておめでとうございます。

 当社にとって昨年は地デジ化移行後、経営戦略の中で実施してきた選択と集中の成果も見られ、収益面においても明るい兆しが出てまいりました。また、数年前からはじめたセキュリティー機器事業や、IoTソリューションを目的としたRFIDシステム事業においても、マスプロ電工のブランドが新しい市場で着実に浸透し、将来に向けた成長サイクルのための礎ができた年でもありました。そして今年は、テレビ受信業界において大きなイベントとなる新4K8K衛星放送が始まります。

 当社は2015年、業界に先駆けて4K8K放送対応機器を市場投入し、現在では衛星アンテナからテレビ端子まで、すべての4K8K対応機器をラインアップしています。
今年は4K8K対応機器をとおして、放送の普及促進と機器の訴求に尽力していきます。またセキュリティー機器事業におきましては、電源を入れるだけで付属のモニターで映像が見られる簡単操作のワイヤレスHDカメラシリーズが、昨年非常に好調に推移しました。今年はそのシリーズの更なる拡販と、アナログカメラの置換え需要に対応したAHDカメラシリーズ、またIP カメラシリーズなどに注力し、社会への安全安心の提供に努めてまいります。そして引合いが増加傾向にあるRFIDシステム事業は、お客様の多種多様なニーズに対応した製品開発やシステム提案を積極的に行い、IoTソリューションとしての当事業領域の拡大に取組んでまいります。これからも既存および新規事業の市場に対し、得意分野の高周波技術を駆使した製品とソリューションを提供し、更なる成長に向けてしっかりと進んでいく一年にしたいと考えています。

 企業の成長は、社員ひとり一人がそれぞれの仕事を通じて成長していくことです。既存のテレビ受信関連機器に加え、新事業のセキュリティー機器、RFIDシステム機器など、すべての業界におけるお客様に対して、全社員が新たな価値を提案できるよう人材育成をしていきます。そして、企業競争力を高めるために今まで取組んできた改革を、今年も引続き実行し、更にレベルアップできる年にするため、「挑戦〜変化する環境の中で価値創造〜」を掲げ、社会に必要とされ続ける企業を目指してまいります。
 本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

2018年1月
マスプロ電工株式会社
代表取締役社長 端山 佳誠

ページの先頭へ戻る