MASPROMASPRO

  1. マスプロホーム
  2. 新製品情報
  3. 4K・8K衛星放送(3224MHz)受信対応!共同受信用CATV・BS・CSブースター 2機種を新発売!

新製品情報新製品情報

2017年7月19日

4K・8K衛星放送(3224MHz)受信対応!
共同受信用CATV・BS・CSブースター 2機種を新発売!

 

 マスプロ電工は、4K・8K衛星放送(3224MHz)に対応した共同受信用CATV・BS・CSブースター 2機種を、10月より発売します。

CATV・BS・CSブースター 40dB型

製品名 型式 希望小売価格(税別)
CATV・BS・CSブースター 35dB型 10BCAW35 ¥185,000
CATV・BS・CSブースター 40dB型 10BCAW40 ¥280,000

製品特長

4K・8K衛星放送(3224MHz)に対応

BS・CS帯域の伝送周波数帯域が 1030〜3224MHz ですから、2018年から実用放送が予定されている4K・8K衛星放送での次世代放送サービスに対応しています。

下り広帯域・高出力

高性能パワーICと最新の回路技術により、70〜962MHz の広帯域で、FM、デジタル112 波の信号を増幅できます。また、10BCAW40はCATV下りの定格出力レベルが113dBμVと高出力ですから、端子数の多いビル共同受信システムなどに最適です。

開発の背景と意図

 2018年より始まるBS・110°CS衛星の左旋円偏波による4K・8K実用放送への関心も高まってきています。そのため、CATV受信の棟内システムにおいても、4K・8K衛星放送受信システムの導入を検討されているケースが多く、共同受信用4K・8K衛星放送(3224MHz)対応の双方向CATVブースターが求められていました。今回発売するブースターは、現行の2K放送に加えて、4K・8K衛星放送にも対応しています。
 このブースターを投入することで、CATV受信の棟内システムにおいても4K・8K衛星放送(3224MHz)受信機器すべての製品が揃います。
 マスプロ電工は今後もより一層4K・8K対応化を推進してまいります。

主な特長

きめ細かい入力レベル調整が可能(CATV下り)

入力レベル調整ATT、入力チルト、入力逆チルト、入力イコライザーによって、きめ細かい入力レベル調整ができますから、多様なシステムに対応できます。

上り高出力

上り増幅部は110dBμVの高出力ですから、CATVインターネットなどの通信サービスに必要な上り信号レベルを確保できます。

高速通信に対応

CATV上りの伝送周波数帯域が 10〜60MHz ですから、高速通信にも対応できます。

上り伝送周波数帯域制限機能

上り帯域切換スイッチを搭載しており、上り信号の伝送周波数帯域を30〜60MHzに制限できますから、上り回線流合雑音を最小限に抑えることができます。

CATV・BS・CS入力測定端子を搭載

出力測定端子に加え、入力測定端子を搭載していますから、CATVの上りと下り、BS・CS信号の入・出力レベルの測定が容易です。

ページの先頭へ戻る