MASPROMASPRO

  1. マスプロホーム
  2. 新製品情報
  3. 新4K8K衛星放送(3224MHz)受信対応!業界最高クラス出力の共同受信用 CATV・BS・CSブースターを新発売!

新製品情報新製品情報

2018年3月12日

新4K8K衛星放送(3224MHz)受信対応!
業界最高クラス出力の共同受信用
CATV・BS・CSブースターを新発売!

マスプロ電工は、新4K8K衛星放送(3224MHz)に対応した業界最高クラス出力の共同受信用CATV・BS・CSブースター10BCAW45を3月下旬より発売します。

10BCAW45_01.png

製品名 型式 希望小売価格
(税別)
CATV・BS・CSブースター 10BCAW45 ¥326,000

製品特長

新4K8K衛星放送(3224MHz)に対応

BS・CSの伝送周波数帯域が 1030〜3224MHz ですから、2018年12月から実用放送が予定されている新4K8K衛星放送で、新たに追加される周波数に対応しています。

業界最高クラスの利得と定格出力

3224MHz対応のCATV・BS・CSブースターとしては業界最高クラスの定格出力と利得を実現しました。

定格出力 利得
CATV下り 113dBμV 45dB
BS・CS/3224MHz 117dBμV 50dB

2018年3月現在、マスプロ調べ

開発の背景と意図

BS・110°CS衛星による新4K8K衛星放送の開始が今年の12月からと迫る中、新築のマンションやテナントビルなどの共同受信システム、また既設設備の改修においても、新4K8K衛星放送(3224MHz)への対応化が進められています。一方、3224MHzの高い周波数は信号の劣化が大きく、既存のマンションなどで、現行のシステムから3224MHzの広帯域に対応させるためには、ブースターの増設など大幅なシステム変更が必要になり、費用の負担が大きくなるという問題がありました。マスプロ電工は、BS・CS帯域において、従来のモデルより定格出力と利得をアップさせ業界最高クラスの定格出力と利得を実現した、CATV・BS・CSブースター10BCAW45を発売します。これにより、2150MHz(24波)のシステムで運用している施設でも、ブースターの増設をせず、弊社従来品のCATV・BS・CSブースターを交換することで新4K8K衛星放送対応の工事ができますから、改修工事の費用を抑えることができます。

主な特長

優れたシールド性能

2018年4月から施行される電波障害などの影響を抑える漏えい優れたシールド特性
基準をクリアしていますから、他の無線システムなどへ与える影響が少なく、また外部からの不要な電波による影響も少ないため、新4K8K衛星放送を安定して視聴できます。

豊富なCATV入出力レベル調整機能

CATV上り帯域、CATV下り帯域、BS・CS帯域の各帯域ごとに利得やチルトなど豊富な調整機能を搭載していますから、レベル差の補正やレベルの調整を最適な値に設定でき、多様なシステムに対応することが可能です。

10BCAW45_02.png

広帯域対応CATV下り伝送周波数

CATV下りは962MHzまでの広帯域に対応しています。

DC15V給電機能付き

DC15V(出力容量6W)の電源を内蔵していますから、BS・110°CSアンテナへ安定した電源を供給することが可能です。

CATV上り伝送周波数帯域制限機能

上り帯域切換スイッチを搭載しており、上り信号の伝送周波数を10〜60MHzと30〜60MHzに切換えることができますから、上り流合雑音を最小限に抑えることができます。

CATV上り、CATV下り、BS・CS入力測定端子付き

CATV上り、CATV下り、BS・CSの各帯域に入力レベル測定端子を搭載していますから、配線接続後、ケーブルを外さなくても入力レベルの調整が可能です。

5mm間隔目盛付き取付け金具(特許取得)

本体上下についている壁面取付け用の金具には、左右に5mm間隔の目盛を設けていますから、機器収納ボックス内木板のガイド線が1cm幅の場合でも、5mm単位で正確に取付けが可能です。

環境に配慮した製品。だからeco。

eco.jpg無鉛はんだの採用、カドミウム・水銀などの不使用により、EU(欧州連合)の有害物質使用規制(RoHS指令)に適合しています。

ページの先頭へ戻る