新製品情報

2017年2月23日

360°アクションカメラのパイオニアとして満を持して全天球カメラを市場投入!
 4K画質のVR360° アクションカメラを新発売!


マスプロ電工は、アクションカメラKODAK PIXPRO 4KVR360を4月下旬に発売します。

主な特長

1. 4Kデュアルレンズ搭載! 1台で360°全天球撮影可能!

本体の前後に2つのレンズを搭載することにより、1台で死角のない4K相当の全天球VR映像が撮影できます。また、2つのレンズは155°と235°で、画角が違うことにより、スティッチラインが目立ちにくくなっています。

2. 3つの撮影モード搭載!

・2つの広角レンズを使ったVRモード
・画角155°のレンズを使ったことにより自然な映像の4K撮影対応のFRONTモード
・画角235°の超広角レンズを使ったGLOBALモード

3. カメラ内スティッチ機能を搭載!

2つのレンズで撮影した映像をカメラ内で合成することにより、撮影したその場で全天球VR映像を出力できます。また、パソコンやスマートフォンを利用して簡単にYouTube™やFacebookなどのSNSに投稿できます。

4. HDMIライブビューモードを搭載

カメラとテレビをHDMIケーブルで接続することにより、VRモード、FRONTモード、GLOBALモードそれぞれの映像を確認しながら撮影できます。
 ※ 4K相当VR撮影時を除く。

4kvr360_01.jpg

製品名 型式 希望小売価格
(税別)
アクションカメラ 4KVR360 オープン価格

販売の背景と意図

 近年、個人やグループで撮影した映像をSNSなどに投稿するユーザーは年々増加しており、アクションカメラ市場はさらに広がりを見せています。
また、2016年は「VR元年」と呼ばれ、YouTube™やFacebookも360°VR動画に対応するなど、VR動画が注目されてきました。そのような背景のなか、マスプロ電工は、他社に先駆け、2014年に世界初の水平方向360°の動画が撮影できるアクションカメラKODAK PIXPRO SP360を、2015年に世界初の水平方向360°で4K相当の撮影ができるアクションカメラKODAK PIXPRO SP360 4Kを発売し、アクションカメラ市場において360°VR動画の普及を牽引してきました。今回満を持して、4K相当で360°全天球動画が撮影できるKODAK PIXPRO 4KVR360を発売します。

その他の特長、機能

パソコン用ソフトウェア

本機とパソコンを接続し、専用ソフトウェアを4kvr360_02.jpg
使用することで、4KVR360を遠隔操作できます。
また、画像の再生、編集も可能で、
簡単にYouTube™の360°動画規格対応の映像に変換できます。

スマートフォンからカメラ映像を確認しながら撮影可能

本機とスマートフォンをWi-Fi接続し、専用アプリケーションを使用することで、  4kvr360_03.jpg
4KVR360を遠隔操作できます。

ライブストリーミング機能搭載

HDMIやUVCにライブ映像出力が可能です。

外部マイク入力端子を搭載

本体の4つのマイクに併せ、2.5mm外部マイク入力端子を  4kvr360_04.jpg
搭載していますから、外部の音声も鮮明に録音できます。

付属のリモコンで遠隔操作が可能

付属のリモコンを使用することでも、遠隔での動画や静止画の撮影操作が可能になります。  4kvr360_05.jpg

  • PickUp
  • JPEGパンフレット
  • 製品写真ダウンロード
  • PDF

ページの先頭へ戻る