MASPROMASPRO

  1. マスプロホーム
  2. 新製品情報
  3. フルハイビジョンAHDカメラ・レコーダー、SDカードレコーダー内蔵カメラを新発売!

新製品情報新製品情報

2017年4月27日

今あるアナログカメラシステムの配線をいかしてフルハイビジョンのシステムに!
フルハイビジョンAHDカメラ・レコーダー、
SDカードレコーダー内蔵カメラを新発売!

 

 マスプロ電工は、既存のアナログカメラシステムの配線をいかしてフルハイビジョンのシステムにできる、フルハイビジョンAHDカメラ3機種、フルハイビジョンAHDレコーダー1機種と、レコーダーなしでもSDカードにHD画質で録画ができるSDカードレコーダー内蔵バリフォーカルカメラ1機種を4月上旬から発売しました。

asm14_01.png

製品名 型式 希望小売価格
(税別)
フルハイビジョンAHDカメラ ASM14 ¥25,000
フルハイビジョンAHDドーム型カメラ ASM08 ¥24,000
フルハイビジョンAHDバリフォーカルカメラ ASM85 ¥36,000
フルハイビジョンAHDレコーダー ASMR64 ¥128,000
SDカードレコーダー内蔵バリフォーカルカメラ ASM02SD ¥98,000

製品特長

200万画素フルハイビジョンAHDカメラ(ASM14、ASM08、ASM85)

有効画素数200万画素CMOSセンサーで撮影したフルハイビジョン映像を、同軸ケーブルで最大500m伝送することができます。(推奨伝送距離は200〜300mです)

レコーダーなしでもSDカードに録画ができるSDカードレコーダー内蔵(ASM02SD)

最大256GBのSDカードに対応したSDカードレコーダーを内蔵していますから、外付けのレコーダーなしでも画像を録画できます。

開発の背景と意図

 近年の安心・安全意識の高まりとともに、従来のアナログカメラシステムを運用している施設では、費用をできるだけおさえながらより詳細な映像が確認できる高画質システムに更新したいという要望や、ゴミ置き場など施設から離れた場所にカメラを設置したいという要望が多く寄せられました。
 マスプロ電工はそのような声にこたえて、既存のアナログ同軸ケーブルをそのまま利用することで、費用をおさえながらフルハイビジョンのシステムにできるフルハイビジョンAHDカメラとレコーダー、施設から離れた場所などに、レコーダーなしでもSDカードに録画できるSDカードレコーダー内蔵カメラを発売しました。

設置例

asm14_02.png

接続例

asm14_03.png

(ASM02SDは外付けレコーダーに配線しなくても、本体のSDカードレコーダーに録画できます)

その他の特長、機能

屋外で使用できるIP66防じん防水性能 (ASM14、ASM08、ASM85、ASM02SD)

防じん・防水性能IP66対応ですから、野外でも設置できます。
(完全防水ではありませんので、直接雨のかからない場所への設置をお勧めします)

バリフォーカルレンズ(可変焦点レンズ)搭載 (ASM85、ASM02SD)

水平視野角 ASM85約102°〜33°、ASM02SD約81°〜23°で、対象個所への焦点調整が可能ですから、駐車場や広場などの広い場所への設置ができます。

プライバシーマスク機能 (ASM14、ASM08、ASM85、ASM02SD)

撮影エリアに制限をかけるマスキングが、最大4か所できます。

夜間・暗所撮影対応 (ASM14、ASM08、ASM85、ASM02SD)

赤外線照射撮影機能を搭載していますから、夜間の撮影も可能です。

自動上書き録画 (ASM02SD)

自動上書き録画機能により、SDカードの容量を超えても、常に最新の録画データをSDカードに上書き保存できます。
(SDカードは消耗品のため定期的な交換を推奨します)

画像の上下左右反転機能 (ASM14、ASM08、ASM85、ASM02SD)

カメラを様々な向きで設置できます。

モーション録画機能 (ASMR64)

動体検知機能がないカメラでも、レコーダー側からモーション録画を設定できます。

AHDカメラ4台を200万画素で録画 (ASMR64)

AHDカメラ4台を最大解像度1920×1080(1080p)の高画質で録画できます。

カレンダー画面からの簡単検索再生 (ASMR64)

録画データ再生のとき、カレンダー画面から日時を選んで再生が可能です。

遠隔監視機能搭載 (ASMR64)

ネットワークに接続することにより、レコーダーに接続されているカメラ映像の閲覧がパソコン、スマートフォンでできます。

※  パソコンやスマートフォンで映像を閲覧する場合、インターネット接続環境とパソコンサイトを閲覧する契約および、通信料が必要になります。また通信料が高額になる場合がありますから、ご契約の会社にご確認ください。

ページの先頭へ戻る