新製品情報

2017年3月7日

4K・8K衛星放送(3224MHz)受信対応!
共同受信用FM・V-Low・UHF・BS・CSブースター2機種を新発売!

 

 マスプロ電工は、4K・8K衛星放送(3224MHz)に対応した共同受信用FM・V-Low・UHF・BS・CSブースター2機種を、1月下旬より発売しました。

fubcaw35_01.jpg

製品名 型式 希望小売価格
(税別)
FM・V-Low・UHF・BS・CSブースター 35dB型 FUBCAW35 ¥68,000
FM・V-Low・UHF・BS・CSブースター 40dB型 FUBCAW40 ¥149,000

製品特長

4K・8K衛星放送(3224MHz)に対応

今回発売したブースターは、2018年から実用放送が予定されている4K・8K衛星放送の3224MHzまでの周波数に対応しています。

きめ細かいレベル調整が可能

FM・V-Low、UHF、BS・CS の帯域ごとに、入力レベル調整ATTと利得調整、またBS・CSには入力チルト調整が付いていますから、各帯域のレベルを最適な値に調整できます。

開発の背景と意図

 2018年より始まるBS・110°CS衛星の左旋円偏波による4K・8K実用放送への関心も高まってきています。そのため、戸建て住宅、集合住宅問わず、新築やリフォーム物件などでは、4K・8K衛星放送受信システムの導入を検討されている方も多く、4K・8K衛星放送(3224MHz)対応のブースターが求められていました。今回発売したブースターは、現行の2K放送に加えて、4K・8K衛星放送にも対応しています。
 このブースターを投入することで、共同受信においてもアンテナから直列ユニットまでの4K・8K衛星放送(3224MHz)受信機器すべての製品が揃うことにより、マスプロ電工は集合住宅の4K・8K対応化を推進してまいります。

主な特長

高出力

定格出力レベルが、FUBCAW40はFM・V-Low:100dBμV、UHF:110dBμV、BS・CS:114dBμV/3224MHz 、FUBCAW35はFM・V-Low:97dBμV、UHF:107dBμV、BS・CS:108dBμV/3224MHzと高出力ですから、多局地域や強電界地域でも安心して使用できます。
また、2600MHz対応製品からの置換えも可能ですから、既設設備の改修にも最適です。

DC15V受電の駆動が可能

AC100V受電による駆動に加えて、出力端子からDC15Vを受電して駆動できますから、別売のブースター電源部を使用することで、コンセントが近くにない場所でも使用できます。

UHF プリアンプ給電機能搭載

UHF 入力端子からプリアンプ用の電源(DC15V 最大0.1A)を給電できますから、プリアンプと組合わせて使用することで、山間部など電波の弱い地域でも使用できます。

ヘッド・ライン両用

入力切換スイッチによって、FM・V-Low、UHF、BS・CS の入力を別入力(ヘッド用)と混合入力 (ライン用)に切換えられますから、ヘッドまたはラインのどちらでも使用できます。

環境に配慮した製品。だからeco。

eco.jpg無鉛はんだの採用、カドミウム・水銀などの不使用により、EU(欧州連合)の有害物質使用規制(RoHS指令)に適合しています。

  • 製品写真ダウンロード

ページの先頭へ戻る