ページの先頭へ

RFIDとは

RFIDとは

1. 非接触でデータの読取り、書換えが可能

  • タグデータに非接触で読み取れるので、物品にタグをつけることでリアルタイムで個別に管理ができます。
  • 情報をその場で且つ非接触で書換え可能です。

2. 視認できなくても読み取り、書き換えが可能

  • バーコードと違い電波を使うため、見えない場所、手の届かない場所、タグ表面の汚れ、非金属で覆われていても、表面状態に影響されず、データの読み取りが可能です。
  • アンテナとタグの間が樹脂やダンボールなど金属以外のもので遮へいされても読取り、書換え可能です。

3. タグデータを瞬時に読取り可能

  • 瞬時に多数のタグを読み取れます。

RFIDを使った読取り・書換えのメリットをいかして、さまざまな環境での導入が展開されています

物流倉庫

資材の管理、在庫把握、
誤出荷防止など

小売業

販売管理、レジ処理、
POSとの連携など

事務所

貴重品の管理、書類の整理、
入退室管理など

RFIDシステム例

RFIDとバーコードの違い

RFIDは、バーコードのように1枚1枚バーコードをスキャンして読み取る(数10cm)のに対して、電波の届く範囲(約数10m)内にあるタグを一括で読み取るため、作業時間の大幅な削減か可能です。

 RFIDバーコード
通信距離長い(~数十m以上)短い(数cm)
データ一括読み取り、書き込み〇可能×不可能
記憶容量QRコード中
汚れ〇強い×弱い
コスト(読み取りタグ)△高い〇安い
Go to Global site