ページの先頭へ
  1. マスプロホーム
  2. イベント情報
  3. マスプロ電工は、「第8回IoT/M2M展【春】」に出展しました会期:4月10日(水)〜4月12日(金)

イベント情報イベント情報

2019年4月15日

マスプロ電工は、「第8回IoT/M2M展【春】」に出展しました

マスプロ電工は、4月10日(水)から東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第8回IoT/M2M展【春】」に出展しました。

iotm2m_spring_1.png

多くの来場者でにぎわう「第8回 IoT/M2M展【春】」マスプロ電工ブース

開催概要

会期   4月10日(水)〜12日(金)[3日間]
会場   東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)
    [入場料 有料(事前登録で無料)]マスプロ電工ブース (西2ホールNo.5-56)

iotm2m2019_logo.png

マスプロ電工ブースでは、業務を省力化できるRFIDソリューションとして、通過するだけで複数の荷物の入出庫管理が一括でできるRFIDゲートアンテナや、RFIDを使った自動物品管理システム、IoTのための無線ネットワークとして期待されているLPWA端末、および、有害獣捕獲情報通知システムなどを展示しました。

主な出展内容

RFIDゲートアンテナ

iotm2m_RDG3.png台車などに乗せて通過するだけで複数の荷物の入出庫管理が一括でできるゲート型のRFIDアンテナです。
通過する対象物や用途に合わせてアンテナの位置や構成を調整できますから、
荷物などの入出庫だけでなく、店舗や事務所などの入退室管理などでも活用できます。

RFIDを活用した自動物品管理システム

RFIDを使用した自動で物品の出入管理ができるシステムを実演展示しました。
ロックされた保管棚を認証された人だけが開けることができ、中の物品を取出すと同時に認証者情報、日時、数量が記録されます。

LPWAシステム

LPWA端末は、センサーで読取った信号(GPS信号・検針データなど)を離れた場所に低コストで送信することができますから、遠方に設置した有害獣捕獲機の動作情報や、離れて暮らす家族の安否確認など、定期的に確認が必要な情報の通信手段に最適です。

会場では、圧倒的な低消費電力・遠距離通信・低コストを実現した無線技術のLPWA端末と、マスプロ電工が愛知県日進市様および日進市猟友会様と共同で実証実験を行なっている、LPWAを使ったイノシシなどの有害獣捕獲情報通知システムの展示をしました。

また、離れて暮らすご家族の見守りなどドアの開け閉めや、部屋の温湿度をセンサーで検知して送信することで状態を確認できる、LPWAを利用した安否確認システムを展示しました。

Iotm2m_yugaiju_anpi1.png

ページの先頭へ戻る

Go to Global site