ページの先頭へ
  1. マスプロホーム
  2. お知らせ
  3. 日進市の有害獣類被害防止対策でLPWAを利用した通知システムの実証実験を開始!

お知らせお知らせ

マスプロ電工株式会社
2019年1月16日

日進市の有害獣類被害防止対策で
LPWAを利用した通知システムの実証実験を開始!

マスプロ電工は、愛知県日進市、日進市猟友会様と共同で、イノシシなどの有害獣が箱罠で捕獲された情報を、LPWA (Low Power Wide Area)を利用して通知するシステムの実証実験を開始しました。近年、イノシシなど野生有害獣による被害は、住宅地に出没し人に危害を加えることや農作物被害など、ひとつの社会問題になっています。
マスプロのLPWAを利用した通知システムを利用することで、定期的に箱罠を確認するなどの手間が省け、人手不足に苦しむ猟友会の省力化につながります。
本通知システムは、1/23(水)〜25(金)までインテックス大阪で開催される、【関西】IoT/M2M展  
のマスプロブースに展示します。ぜひ、ご覧ください。

●システム導入のメリット
 確認作業の省力化
イノシシが箱罠に入り檻が降りると、lpwa01.pngあらかじめ登録した携帯電話などにメールで通知しますから、担当者が定期的に箱罠を確認する必要がありません。


 低コストでの運用が可能
LPWA(Sigfox)は一度に送信できるデータ量は小さいですが、遠距離通信や乾電池のみで駆動する圧倒的な低消費電力を実現した新たな通信手段として注目されています。電源工事も不要で移設も容易、また、ランニングコストを抑えて運用が可能です。

lpwa02.png

実証実験において1月25日イノシシを捕獲しました!詳細はこちら 

ページの先頭へ戻る

Go to Global site