ページの先頭へ
  1. マスプロホーム
  2. お知らせ
  3. 2020年 新年のご挨拶

お知らせお知らせ

マスプロ電工株式会社
2020年1月6日

2020年 新年のご挨拶
『 変革の2020年 』

 明けましておめでとうございます。旧年中は、格別のお引き立てを賜り厚く御礼申しあげます。

 今年は、7月から東京オリンピック・パラリンピックが開催され、新4K8K衛星放送でも、多くの競技が放送される予定です。その場に居るかのような臨場感のある4K8K映像で観戦したい、という人の声は多く聞かれ、弊社としては、アンテナからチューナーまでの、すべての新4K8K衛星放送受信機器を取り揃え、4K8K市場の要求に応えていくつもりです。

 さて、新しい元号となり、今年は令和初の新年になります。今までの私たちを振り返ってみますと、放送の完全デジタル化や、放送と通信の融合など、マスプロ電工は、時代環境の変遷に合わせて、組織体制の強化やさまざまな改革を行い、成長市場における事業戦略を進めてきました。
その一つが、IoTソリューション機器への取組みです。昨今、働き方改革が叫ばれていますが、RFIDやLPWAなど、モノをインターネットにつなげて、業務効率をあげる通信機器を、2015年から製品化してきました。これから、労働人口の減少や少子高齢化に伴い、業務の省力化を目的にしたニーズはますます拡大していくと想定しており、更なる注力が必要と考えています。
また、セキュリティーカメラ機器においては、防犯意識の社会的な高まりを背景に、この市場に参入し、今では多くのラインナップを揃えるまでになりました。今後も商品力を強化するため、操作性や利便性の高い製品を市場投入していくつもりです。

 今年は、これらの新しい事業も含め既存事業など、今まで以上に『変革』が求められると強く感じています。その理由は、第4次産業革命の進展で、社会のあり方そのものを揺さぶるような流れが起きているからです。その技術革新がもたらすインパクトは非常に大きく速く、我われを取り巻く環境も大きく変化していくと思われます。
あらゆる変化への対応を恐れず、現状を打破していくことこそが、事業の成長戦略への礎となり、そのことが、顧客に求められる企業になっていくと信じています。

最後になりますが、本年も相変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

2020年1月
マスプロ電工株式会社
代表取締役社長 端山 佳誠

ページの先頭へ戻る

Go to Global site