ページの先頭へ
  1. マスプロホーム
  2. お知らせ
  3. 2021年 新年のご挨拶

お知らせお知らせ

マスプロ電工株式会社
2021年1月5日

2021年 新年のご挨拶
『 With New Society〜新しい社会とともに生きる〜 』

 明けましておめでとうございます。旧年中は、格別のお引き立てを賜り厚く御礼申しあげます。

 昨年は、コロナウィルスの世界的蔓延により、人の動きが大きく制限され、経済が停滞しました。そのことにより、個人消費が直撃を受け、4月から6月までのGDPは戦後最大の落ち込みを記録しました。底打ちはしたものの、その後の景況は、感染拡大防止と経済再生の狭間で揺れており、未だコロナ不況の出口は見えていないのが実状です。 社会や経済は、このコロナ禍で三密回避・非接触・リモートなどのため、否応なく構造改革を迫られ、就業環境やビジネスの在り方そのものが変わろうとしています。

 弊社といたしましては、CO2濃度や温湿度の見える化をすることで、三密回避に繋がるLPWAセンサー端末や、電波を使い、RFタグが貼られた対象物を非接触で一括読取りできるRFIDシステムなど、ニューノーマル時代に対応した業務の効率化が期待できる、ソリューションを訴求していきます。

 また、コロナ禍においても、一般消費者において防犯や、見守りに監視カメラを設置するというニーズも拡大してきており、お客様の環境や用途にあわせたセキュリティー機器の提案営業を強化し、安全・安心な社会の実現に貢献していきます。そして、テレビ受信関連機器につきましても、市場で高評価を頂いていました信号測定器LCV3の後継機「LCV4A」を昨年末から新製品として発売しました。新4K8K衛星放送受信の新築工事や改修工事などにご使用いただけるよう、積極的に提案していきます。

 今年は、長期化するコロナウィルスの影響で、不透明感を増すことが想定され、また、給付金や巣ごもり需要の反動で消費の回復を阻害される要因も多く昨年に続き、厳しい年になると予想されます。 このウィズコロナの状況下でも、お客様の要望や市場の変化へ素早く対応できるように、マスプロ電工は、『With New Society〜新しい社会とともに生きる〜』をスローガンに、新たな市場開拓や業務改革を積極的に行っていきたいと考えております。

最後になりましたが、本年も相変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

2021年1月
マスプロ電工株式会社
代表取締役社長 端山 佳誠

ページの先頭へ戻る