ページの先頭へ
  1. マスプロホーム
  2. 新製品情報
  3. 業界トップクラス※の高出力レベルで低消費電力を実現!45dB型双方向CATV・BS・CSブースターを新発売

新製品情報新製品情報

2020年10月7日

業界トップクラスの高出力レベルで低消費電力を実現!
45dB型双方向CATV・BS・CSブースターを新発売

 マスプロ電工は、45dB型のCATV・BS・CSブースターにおいて、出力レベルが業界トップクラスで、従来機種より約16%消費電力を削減した屋内用ブースター10BCAW45Sを10月下旬から発売します。
 当社は、今回市場投入する10BCAW45Sを、新4K8K衛星放送導入のための、受信設備に最適な双方向CATV・BS・CSブースターとして、積極的に訴求し販売していきます。
2020年10月現在、45dB型CATV・BS・CSブースターにおいて マスプロ電工調べ

双方向CATV・BS・CSブースター 10BCAW45S

製品名 型式 希望小売価格
(税別)
双方向CATV・BS・CSブースター 10BCAW45S ¥336,000

開発の背景と意図

 ケーブルテレビを導入する集合住宅において、受信設備を新4K8K衛星放送に対応させるマンションやアパートが増えています。周波数が高くなるほどレベル減衰が大きくなるテレビ信号は、3224MHzまである新4K8K衛星放送の設備の場合、信号を増幅させるブースターなどの機器数が増え、消費電力が大きくなることや設置スペースの確保が問題となっていました。
 今回発売する10BCAW45Sは、従来製品よりも大幅に低消費電力、小型化を実現した高出力型のCATV・BS・CSブースターです。これにより、設備全体の消費電力を抑えることができ、限られた機器設置スペースでも余裕のある設計が可能になります。

主な特長

業界トップクラスの高出力レベル

高性能パワーICと最新の回路技術により、CATV下りの70〜770MHzで115dBµV、またBS・CSの3224MHzで117dBµVと業界トップクラスの高い出力レベルがありますから、端子数の多い集合住宅の共同受信システムに最適です。
2020年10月現在、45dB型CATV・BS・CSブースターにおいて マスプロ電工調べ

業界トップクラスの低消費電力

低消費電力設計により、従来製品と比べ約16%削減、業界トップクラスの 低消費電力約20Wを実現しています。

業界トップクラスの省スペース設計

新開発の回路設計とケースにより、従来製品と比べて設置面積を約10%小型化、業界トップクラスの省スペースを実現しています。

優れたシールド特性「HSマーク登録品」

本体はダイカストケースのため高いシールド性能があり、携帯電話などとの混信や電波障害の影響がなく、安定した映像をお楽しみいただけます。
HSマーク HSマーク(ハイシールドマーク)は、一般社団法人 電子情報技術産業協会で審査・登録され、衛星テレビジョン放送の中間周波数帯域において、一定以上の遮へい性能を有する機器に付与されるシンボルマークです。

各帯域に細かい利得調整、入出力レベル調整機能搭載

CATV下りは利得調整回路とチルト調整回路、入力レベル調整ATT、入力イコライザー調整スイッチ、またCATV上りは利得調整回路、入・出力レベル調整ATT、チルト調整回路、そしてBS・CSにも利得調整回路、チルト調整回路などがありますから、細かいレベル調整が可能です。

優れた耐雷性能

JEC:±25kV(1.2/50µS)、IEC:±15kV(1.2/50µS)、±1.5kA(8/20µS)のサージ電圧に耐える耐雷性能です。

5mm間隔の目盛付き取付け金具

本体と一体となった壁面取付用の金具には、左右に5mm間隔の目盛がついていますから、配電盤内木板のガイド線が1?幅の場合でも、5mm単位で正確に取付可能です。

ページの先頭へ戻る