MASPRO
 
新製品情報 全製品カタログ 会社案内 採用情報 投資家情報 お客様相談窓口 リンク集 ホーム


2009年2月

アナログ放送が終了する2011年以降もアナログテレビを有効活用できる!
デジアナヘッドエンドを
「第37回 国際ホテル・レストラン・ショー」に参考出品

 マスプロ電工は,2011年7月24日のアナログ放送終了後も,地上デジタル放送とアナログ放送(地上デジタル放送の信号をアナログ信号に変換)を同時に伝送できるデジアナヘッドエンド8HEDAを,2月24日(火)〜27日(金)の4日間,東京ビッグサイトで開催される「第37回国際ホテル・レストラン・ショー」に参考出品します。
 病院やホテル,学校,賃貸マンションなど,アナログテレビの設置台数が多い施設では,地上デジタルテレビへの一括切換えは多額の費用がかかるため負担となります。本機は,現在使用しているアナログテレビも継続して使えるため,地上デジタルテレビへの段階的な切換えができ,また,市場にある同種の機器の中でも導入しやすい価格となっています。
 2011年以降もまだ使えるアナログテレビを廃棄せず,有効活用できますから,環境問題(2011年問題)のひとつにあげられている,アナログテレビの廃棄を抑制でき,二酸化炭素の排出量および産業廃棄物などの軽減対策としても効果的です。
  8HEDA

「第37回 国際ホテル・レストラン・ショー」
デジタル放送推進協会(Dpa)ブース内に
参考出品しています。

・ブースNO.4TV-06
・2009年2月24日(火)〜2月27日(金)
10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
東京ビッグサイト

  8HEDA
外観寸法800(H)×530(W)×400(D)mm

■ 開発の背景と意図
2011年7月24日のアナログ放送終了まで,あと2年半となりました。地デジ完全移行に向け,アナログテレビの設置台数が多い施設では,地上デジタルテレビへの多額な買換え費用や廃棄による環境への影響など,様々な問題が浮上しています。現在,アナログ放送が終了する2011年以降,まだ使えるアナログテレビの大量廃棄を抑制することが大きな課題となっています。そこで今回開発したのが,地上デジタル放送とアナログ放送(地上デジタル信号をアナログ変換)を同時伝送できるデジアナヘッドエンド8HEDAです。地上デジタルテレビとアナログテレビの両方を使用できますから,アナログテレビを有効活用し,大量廃棄の抑制を図れます。


■ 主な特長

最大8チャンネルまで伝送可能
本機は,地上デジタル放送の番組をアナログ放送に変換し,使用していないUHF帯(ch.13〜62)の空きチャンネルを利用して,最大8チャンネルまで伝送できます。
地上デジタルテレビにもアナログテレビにも対応
地上デジタル放送とアナログ放送(地上デジタル信号をアナログ変換)の両方を伝送しますから,地上デジタルテレビにもアナログテレビにも対応できます。

地上デジタルテレビにもアナログテレビにも対応
アナログ放送の画質の改善
地上デジタル信号をアナログ信号に変換していますから,ゴースト(二重映り)や ノイズのないきれいな画像に改善できます。

アナログ放送の画質の改善


■ 導入システム例

導入システム例
ページ先頭へ戻るページ先頭へ戻る
■サイトマップ ■個人情報保護方針 ホーム新製品情報 ≫ 新製品情報詳細ページ
Copyright(C) MASPRO DENKOH CORP. Allright Reserved.