ページの先頭へ
  1. マスプロホーム
  2. 新製品情報
  3. 業界トップクラス※の高利得・高出力に加え、優れたメンテナンス性を実現!UHFとBS・CS入力測定端子付!46dB型FM・V-Low・UHF・BS・CSブースターを新発売!

新製品情報新製品情報

2020年10月19日

業界トップクラスの高利得・高出力に加え、優れたメンテナンス性を実現!
UHFとBS・CS入力測定端子付!

46dB型FM・V-Low・UHF・BS・CSブースターを新発売!

 マスプロ電工は業界トップクラスの高利得・高出力のFM・V-Low・UHF・BS・CSブースターに、出力レベル測定端子だけではなく、UHFとBS・CSの入力測定端子も付けて、優れたメンテナンス性を実現した、46dB型FM・V-Low・UHF・BS・CSブースターを11月下旬に発売します。

FUBCAW46S_01.png

製品名 型式 希望小売価格
(税別)
FM・V-Low・UHF・BS・CSブースター FUBCAW46S \205,000

3.2GHz対応のFM・V-Low・UHF・BS・CSブースターのUHF・BS・CS帯域において、2020年10月現在、マスプロ電工調べ。

開発の背景と意図

 マンションなどの共同受信設備は、1台のブースターに複数の住戸が接続されています。従来のブースターは入力側に測定端子が付いていないため、受信設備の調査や設備の点検の際、ブースターの入レベルを測定するために入力端子をはずさなければいけませんでした。そのため、調査や点検のたびに、接続されている住戸のテレビを停波させる必要がありました。
 マスプロ電工は、業界トップクラスの高利得・高出力を実現した共同受信用46dB型FM・V-Low・UHF・BS・CSブースターに、出力測定端子だけでなく、UHFとBS・CSの入力測定端子も搭載したFUBCAW46Sを発売します。
 これにより、テレビの信号を停波させなくても受信設備の調査・点検ができる、メンテナンス性の優れた受信設備を構築することができます。

主な特長

業界トップクラスの高利得、高出力設計(UHF・BS・CS帯域)

利得はUHF:46dB、BS・CS:50dB/3224MHz、定格出力はUHF:115dBµV、BS・CS: 117dBµV/3224MHzと業界トップクラスですから、端子数の多いマンションの新築や、大型施設の新4K8K衛星放送対応化の改修に最適です。

優れたシールド特性

本体はダイカストケースのためシールド性能が高く、携帯電話などとの混信や電波障害の影響の少ない、安定した映像をお楽しみいただけます。本製品は、HSマーク登録品です。
HSマーク(ハイシールドマーク)は、一般社団法人 電子情報技術産業協会で審査・登録され、衛星テレビジョン放送の中間周波数帯域において、一定以上の遮へい性能を有する機器に付与されるシンボルマークです。

FM・V-Low帯域 増幅/カット切換機能付

FM・V-Low帯域の増幅/カット切換機能がついていますから、FM・V-Low帯域を使用しない場合にカットすることができます。

ヘッド・ライン切換可能

入力切換スイッチで、FM・V-Low・UHFとBS・CSの入力を、別入力(ヘッド用)と混合入力(ライン用)に切換えられますから、ヘッドまたはラインのどちらでも使用できます。

5mm間隔目盛付き取付け金具

本体と一体となった壁面取付用の金具には、左右に5mm間隔の目盛がついていますから、配電盤内木板のガイド線が1cm幅の場合でも、5mm単位で正確に取付が可能です。
3.2GHz対応のFM・V-Low・UHF・BS・CSブースターのUHF・BS・CS帯域において、2020年10月現在、マスプロ電工調べ。

ページの先頭へ戻る