MASPRO
 
新製品情報 全製品カタログ 会社案内 採用情報 投資家情報 お客様相談窓口 リンク集 ホーム


JPEG版パンフレット PDF版パンフレット 製品画像ダウンロード
2008年6月

全国初のギャップフィラー 装置を製作・納入
『地上デジタルテレビ放送の難視聴解消に大きな期待』

 マスプロ電工は,株式会社NHKアイテック(本社・東京都渋谷区 社長・中西義明)が兵庫県香美町小代テレビ協会様に納入した全国初となる地上デジタルテレビ放送の『ギャップフィラー装置』の製作を担当し3月に納入しました。
 同装置は,地上デジタルテレビ放送の難視聴解消等に対応するためのシステムとして,以前から総務省が制度化に向けて進めてきたもので,関係法制度が整ったことから,今回 初の導入となりました。
 同地域は,アナログ放送を受信するために5つの有線共聴施設で受信していましたが,今回3つのギャップフィラー送信所から効率的な無線配信が可能となる設計ができたこと,さらに総務省の平成19年度辺地共聴施設のデジタル化支援事業による財政支援を受けて整備することができたことから,従来方式である有線共聴施設改修に比べ低コストでのデジタル化が実現し,組合員の皆様の個人負担も軽減することができました。

 このギャップフィラーシステムの主要な装置機器については,株式会社NHKアイテックとかねてから共同開発を進めてきたもので,当社の共同受信機器の製品開発・製造技術と,株式会社NHKアイテックが全国各地での 実証実験を重ねた成果の相互の力を反映して製品化したものです。小型・軽量でさらに 設置工事も容易な導入しやすいモデルとなっています。 兵庫県香美町小代テレビ協会様のギャップフィラーシステムは,4月の開局以来安定運用を続けており,地域住民の皆様に地上デジタルテレビ放送の魅力を楽しんでいただいていますとともに,有線共聴では利用できないワンセグ放送も受信できるとお喜びいただいています。 当社は,今回の全国1号となる製品納入を機に,全国各地の地上デジタルテレビ放送の 難視聴解消に向けてお役に立てるよう一層努力してまいります。

*地上デジタルテレビ放送の電波が直接受信できない難視聴地域に,無線を使用して難視を解消すること

 

■ 兵庫県香美町小代テレビ協会様のギャップフィラーシステムの概要

兵庫県香美町小代テレビ協会様のギャップフィラーシステムの概要

「受信点」で親局からの地上デジタル放送を受け,光ケーブルで「GF1」「GF2」に信号を 送信。そこから電波で各世帯に地上デジタル放送を再送信します。 「GF3」は「GF2」からの電波を受け再送信します.。
親局
香住中継局(13,14,15,16,17,22,26ch)
送信チャンネル
受信チャンネルと同一(SFN)
送信か所
3か所(光受信2か所,放送波中継1か所)
送信出力
10mW/ch.
受信エリア
・既存アナログ共聴エリアすべてをカバー 
・ワンセグを含めて受信良好
・周辺中継局等への干渉なし

受信世帯
約365世帯
GF施設 GF施設 送信機(GF施設に設置)
 
送信機(GF施設に設置)

ページ先頭へ戻るページ先頭へ戻る

ギャップフィラーシステムの主要装置

ヘッドアンプ
(光送信機内蔵)

ヘッドアンプ(光送信機内蔵) HAOTL6

受信したデジタル放送を
光信号で送信します

項  目 HAOTL6
入力チャンネル ch.13〜62の内,最大9チャンネル
入力レベル 50〜80 dBμ
光波長 1550±10nm
光出力レベル 6.5±0.5dBm
電源電圧

AC100V50・60Hz または
低電圧方式(AC20〜30V,AC40〜60V)

消費電力 約65W(9局実装時)
外観寸法 535(H)×441(W)×178(D)mm
質量(重量) 約26kg(9局実装時)

送信機
(光受信機内蔵)

送信機(光受信機内蔵) UTOP10

受信した光信号を復調し
再送信します

項  目 UTOP10A UTOP50A
伝送周波数帯域 470MHz 〜 770MHz
伝送波数 地上デジタル信号:最大9波
入力レベル −6 〜 +2dBm
定格出力レベル 10mW(1波当たり) 50mW(1波当たり)
電源電圧

AC100V 50・60Hz

消費電力 約25W 約39W
外観寸法 220(H)×310(W)×151(D)mm
質量(重量) 約4.5kg(取付金具含まず)

送信アンテナ

ヘッドアンプ(光送信機内蔵) HAOTL6


項  目 TUOA2
偏波面 水平偏波
インピーダンス 50Ω(N-J型)
利得 1dBd以上
電圧定在波比 2以下
適合マスト径

60.5(50A)〜76.3(65A)

外観寸法(Ø×L) Ø150×1395mm
【お問合わせ先】
ギャップフィラーシステムについて
株式会社NHKアイテック  営業本部  営業企画部  TEL(03)5456-4733
ギャップフィラー機器について
マスプロ電工株式会社  情報通信営業部  TEL(052)802-2225
ページ先頭へ戻るページ先頭へ戻る
■サイトマップ ■個人情報保護方針 ホーム新製品情報 ≫ 新製品情報詳細ページ
Copyright(C) MASPRO DENKOH CORP. Allright Reserved.