ページの先頭へ
  1. マスプロホーム
  2. 新製品情報
  3. 業界初!※1新4K衛星放送の映像・音声を確認できるデジタルレベルチェッカーを新発売!

新製品情報新製品情報

2020年12月11日

業界初!※1新4K衛星放送の映像・音声を確認できる
デジタルレベルチェッカーを新発売!

 マスプロ電工は、新4K8K衛星放送の測定および、新4K衛星放送の映像・音声を確認できるデジタルレベルチェッカーを12月下旬に発売します。

デジタルレベルチェッカー LCV4A

製品名 型式 希望小売価格
(税別)
デジタルレベルチェッカー LCV4A オープン価格

※1 ポータブルタイプの測定機において(2020年12月現在、マスプロ電工調べ)

開発の背景と意図

 現在、テレビ受信工事の現場では、より確実な受信工事の実施、作業効率の向上、作業時間の短縮のために、デジタルレベルチェッカーが必需品となっております。
マスプロ電工はこれまで、地上デジタル放送、BSデジタル・110°CSデジタルの受信レベルなどはもちろん、映像・音声も確認できるモデルや、新4K8K衛星放送を測定できるハンディータイプをラインナップしてまいりました。
 今回開発したデジタルレベルチェッカー LCV4Aは、市場から要望の多かった、新4K8K衛星放送の測定のみならず、新4K衛星放送の映像・音声の確認もできるデジタルレベルチェッカーです。

主な特長

新4K8K衛星放送の測定が可能

新4K8K衛星放送の受信レベル、C/N、BER、コンスタレーション測定ができます。

業界初※1の新4K衛星放送の映像・音声を確認可能※2

従来の地上デジタル放送、BSデジタル放送、110°CSデジタル放送、スカパー!プレミアムサービス※3に加えて新4K衛星放送の受信状態を、映像と音声で確認できます。※4また、受信レベル、C/N、BER、放送局名と受信した映像を1画面で表示し同時に確認できます。(スカパー!プレミアムサービスを除く)
※2 新8K衛星放送の映像・音声は確認できません。
※3 無料放送のみ。
※4 テレビ映像は静止画として保存できません。

操作しやすいファンクション機能

測定画面ごとにボタンの機能が変更できるファンクションボタンを搭載しました。ファンクション機能
画面上に機能名を表示できるため、操作パネルに表記できなかった機能名も
表示できる ようになりました。
また、従来では〔シフト〕ボタンと同時押しが必要であった機能も、
ファンクションボタンのみの押下で実行できるようになりました。

測定判定が一目で判断できる

測定判定が「OK」「NG」で表示されるため、信号の受信状況の判断が容易です。測定判定が一目で判断できる
(判定値を任意で変更することも可能です)

受信レベル、MER(C/N)、BER、放送局名を1画面で表示

受信レベル、MER(C/N)、BERを1画面に表示でき、ひと目で必要なデータをファンクション機能
確認できますから、各種測定ごとに画面を切換える必要がなく、作業時間の
短縮につながります。
また、受信チャンネルに加えて放送局名も表示できます。

多チャンネル測定のリスト表示が可能

多チャンネル測定で、測定結果(受信レベル、MER(C/N)、BER)をリスト表示測定判定が一目で判断できる
できますから、複数チャンネルの測定データを一目で確認できます。

地上デジタル受信確認マーク表示機能

地上デジタル放送を受信したときに、MERとBERの測定値から判断して確認マークを表示しますから、アンテナの方向調整が簡単・確実に行えます。

衛星受信確認マーク表示機能

BSデジタル放送、110°CSデジタル放送、スカパー!プレミアムサービス、新4K8K衛星放送の衛星信号を受信したときに、衛星受信確認マークを表示しますから、アンテナの方向調整が簡単・確実に行えます。

CATV上り、下り帯域の測定に対応

従来の70〜770MHzに加え、CATV上り帯域(10〜60MHz)※5および、CATV下り帯域(770〜1002MHz)の測定に対応しました。
※5 パイロット信号のみ。

MER(C/N)、BER測定機能、コンスタレーション表示機能

受信レベルに加え、信号品質をあらわすMER(C/N)、BERの測定と、デジタル変調の品質を視覚的に確認できるコンスタレーション表示により、精度の高いアンテナ調整が可能です。

MER、BER測定画面とコンスタレーション表示画面

ページの先頭へ戻る