ページの先頭へ
  1. マスプロホーム
  2. 新製品情報
  3. LoRaWAN®システムの取扱いを開始!

新製品情報新製品情報

2020年10月15日

LoRaWAN®システムの取扱いを開始!

 マスプロ電工は、2020年6月よりLPWA通信方式のひとつ、LoRa®方式のシステム提供をしております。そして今回、LoRaWAN®システムとして、Kiwi Technology.inc(本社:台湾)製のLoRaWAN®ゲートウェイ、ネットワークサーバー(クラウド方式)の取扱いを開始します。
 また、今回取扱いを開始するLoRaWAN®システムに加え、LoRaWAN®対応センサー端末の開発、データ閲覧サービスMASPRO IoT Cloud Service(LR)の提供、LoRaWAN®システムの導入に必要な支援(電波環境計測、通信エリア設計など)と、機器、サービス、導入支援まで一括で提供できる、LoRa®ソリューションとして提案していきます。

LoRaソリューション/LoRaWANシステムの構成例

製品名 型式
屋内用LoRaWAN®ゲートウェイ( Kiwi Technology.inc製) TLG3901BLV2
屋内用LoRaWAN®ゲートウェイ( Kiwi Technology.inc製) TLG7921L
屋外(内)用LoRaWAN®ゲートウェイ( Kiwi Technology.inc製) TLG7921M
LoRaWAN®ネットワークサーバー( Kiwi Technology.inc製) -
データ閲覧サービス MASPRO IoT Cloud Service(LR) -

LoRaWAN®とは

 LoRaWAN®は、少ない消費電力で広域通信が実現できるLPWA(Low Power Wide Area)の無線通信のひとつのLoRa®変調を採用した無線通信方式で、標準化団体であるLoRaAlliance®にて制定されたオープン規格です。
 LPWAの特長である長距離通信、低消費電力に加え、利用者がLoRaWAN®ゲートウェイを設置することで、低コストで利用できる無線ネットワークを構築することができます。
 LoRaWAN®ゲートウェイは周波数帯域に920MHz帯を使用した特定小電力無線局として無線局免許不要で利用できます。

取扱品目

LoRaWAN®ゲートウェイ( Kiwi Technology.inc製)

設置場所に応じて選択できるゲートウェイ3機種の取扱いを開始します。

屋内用8ch LoRaWAN®ゲートウェイ TLG3901BLV2

小〜中規模施設でのLoRaWAN®システム導入に適したゲートウェイです。TLG3901BLV2

屋内用16ch LoRaWAN®ゲートウェイ TLG7921L

広域で多くのセンサー端末を利用する場合に適したゲートウェイです。TLG7921L

屋外(内)用16ch LoRaWAN®ゲートウェイ TLG7921M

屋外環境での使用に耐える本体と、外付アンテナで構成される
ゲートウェイです。屋外でのLoRaWAN®ネットワークの構築に
適しています。TLG7921Mと設置例

LoRaWAN®ネットワークサーバー(Kiwi Technology.inc製)

LoRaWAN®システムにおいて、ゲートウェイ、センサー端末の管理、また収集したデータをアプリケーションに転送します。クラウド方式のため、利用する端末数、規模に応じたサービスが提供できます。
LoRaWAN®ゲートウェイと合わせてのご利用となります。

データ閲覧サービスMASPRO IoT Cloud Service(LR)

LoRa®方式のセンサー端末で計測したデータを、可視化して活用できるアプリケーションサービスです。今回提供を開始するLoRaWAN®システムに対応しています。
MASPRO IoT Cloud Service(LR)は使用する端末、アカウント数に応じて、毎月の利用料金をお支払いいただくサービスです。本サービスの利用にはインターネット回線が必要です。

MASPRO IoT Cloud Service(LR)の機能

  • 本サービスに対応する複数センサーのデータを集約してグラフ、一覧表示が可能。
  • 本サービス利用中は、過去1年分の測定データを蓄積でき、いつでも確認可能。
  • 蓄積したデータをCSV/PDF形式で出力可能。
  • パソコンやスマートフォンのWebブラウザーで閲覧が可能。
  • 測定値が設定した条件になった際、メールで通知が可能。

LoRa®とLoRa®ロゴはSemtech Corporation の登録商標です。LoRaWAN®は、LoRa Alliance®のライセンスに基づいて使用されるマークです。マスプロ電工は、LoRa Alliance®のメンバーです。

キーウィテクノロジー株式会社
Kiwi Technology Inc.(奇邑股份有限公司) / Kiwitecは、2002年に設立し、創業当初はデジタルサイネージ向け動画配信システムの開発を手掛け、2015年よりLoRaWANに対応するゲートウェイや、プラットフォーム、センサー端末を開発し、販売しています。キーウィテクノロジー株式会社は、奇邑股份有限公司の日本法人です。

台湾本社
会社名:Kiwi Technology Inc.(奇邑股份有限公司)
代表者:Judy Lee
設立:2002年
所在地: 4F., No.158, Sec. 1, Wenxing Rd., Zhubei City, Hsinchu County 302, Taiwan (R.O.C.)

日本法人
会社名:キーウィテクノロジー株式会社
代表者:ピーター・リン
設立:2017年
所在地:〒108-0073 東京都港区三田 2-14-5フロイントゥ三田703号室

ページの先頭へ戻る