JPEG版パンフレット PDF版パンフレット 製品画像ダウンロード
2007年5月

     
BS・110°CSミキサー内蔵型
家庭用ブースター 2機種 新発売!
地上デジタル放送を衛星放送と混合して1本のケーブルで屋内に引き込めます!

 マスプロ電工は,BS・110°CSミキサーを内蔵した利得33dB型の家庭用ブースター(テレビ信号増幅器)2機種を2007年5月20日から発売します。
今回発売するブースターは,FM,VHF,UHF帯域を増幅するブースターで,BS・110°CSミキサーを内蔵していますから,既存のVHF,UHF信号と衛星放送信号を混合して,1本のケーブルで屋内へ引き込むことができます。また,設置時の配線ミスを電源部作動表示灯の色で知らせる「異常お知らせ機能」(特許出願中) を搭載し,電源部をテレビやAV機器周辺の狭いスペースにも設置できるよう,従来の横置き型から縦置き型に改良してあります。ユーザーや施工業者の利便性を考慮したブースターですから,新築はもちろん,地上デジタル放送受信システムへの改修にも最適です。
増幅部VUB33MN

電源部WP6 狭いスペースにも納まるWP6

製品名
型式
希望小売価格(税込)
税別価格
UHFブースター
UB33MN  DHマーク
¥25,200
¥24,000
VHF・UHFブースター
VUB33MN DHマーク
¥27,300
¥26,000

DHマーク
JEITA デジタルハイビジョン受信マーク
DHマーク(デジタルハイビジョン受信マーク)は,(社)電子情報技術産業協会で審査・登録された一定以上の性能を有する衛星アンテナ,UHFアンテナ,受信システム機器に付与されるシンボルマークです。


■ 開発の背景と意図
 地上デジタル放送のエリア拡大により受信機器の出荷台数は1,965万台( JEITA2007年3月資料より)となっています。液晶テレビ,ハードディスクレコーダーなどの地上デジタル放送受信機器は,地上デジタル放送の他BS・110°CSデジタル放送も受信でき,購入を機に3つのデジタル放送を視聴するユーザーが増加しています。
そこで,このような需要に応えるため衛星放送と混合でき,1本のケーブルで配線できるブースターを開発しました。


■ 主な特長

BS・CSミキサー内蔵
BS・CS帯域(1032〜2655MHz)の衛星放送信号を混合するためのミキサーを内蔵していますから,VHF・UHFと混合して,1本のケーブルで屋内へ引き込むことができます。
異常お知らせ機能(特許出願中)
増幅部と電源部の間でショートや断線した場合,電源部作動表示灯の色別でお知らせしますから,設置時の配線が簡単・確実にでき,作業の効率化が図れます。
異常お知らせ機能

スマートに設置できる電源部(特許出願中
電源部は縦置きでコンパクトですから,AVラックの わずかなスペースにも,すっきりと設置できます。また,ケーブルの接続部を斜め下向きにすることで,電源部の座り(安定性)をよりよくしています。

スマートに設置できる電源部
携帯カットスイッチ付き(特許出願中)
受信障害となる携帯電話の電波をカットできますから,携帯電話の基地局が近くに ある地域でも,障害のないきれいな映像をご覧いただけます。
優れたシールド性能(特許出願中)
増幅部,電源部とも高周波部分を金属ケースでシールドし,入・出力端子は,F型コネクターを使用していますから,外来電波による妨害を防ぐことができます。
トラッキング防止構造
電源部のACプラグの刃は,根元が難燃性の樹脂でコーティングしてありますから,トラッキング現象が起こりにくくなっています。
トラッキング防止構造
電源保護回路
増幅部と電源部の間でショートしても,電源保護回路によって電源部を保護します。
省エネルギー機能
地上アナログ放送(VHF)が終了したとき(2011年7月),スイッチでFM・VHFの増幅をオフにして,消費電力を抑えることができます。

規格表

UB33MN
項目
規格
伝送周波数帯域
76〜222MHz(FM・ch.1〜12)
470〜770MHz(ch.13〜62)
1032〜2655MHz(BS・CS)
利得
26〜35dB
通過帯域損失
1.5dB以下
4dB以下
利得調整範囲
0〜-10dB以上(連続可変)
雑音指数
3dB以下
実用入力レベル ※1
35(がまん限※2)〜76dBμ(86dBμ※3)
定格出力レベル
111dBμ※1/103dBμ※4
VSWR
3以下
2.5以下
増幅部電源
DC15V 0.09A(BS・110°CSアンテナヘ給電時:0.36A)
外観寸法/質量(重量)
増幅部:135(H)×148(W)×60(D)mm 約430g
※1
アナログ2波の値
※2
実用入力レベルの最小値(がまん限)は,アナログ放送受信で実用になる限界です。スノーノイズを完全に除去できません)
※3
利得を最小にしたときの最大の実用入力レベル
※4
アナログ7波+デジタル9波の値(デジタル波より10dB低い場合)

WP6
項目
規格
1次電圧
AC100V  50・60Hz
消費電力
3.5W(BS・110°CSアンテナ給電時:7.9W)
直流出力電圧(電流)
DC15V(最大0.6A)
挿入損失
2dB以下(76〜1336MHz)/2.5dB以下(1336〜2655MHz)
外観寸法
130(H)×68(W)×99(D)mm(スタンド取付時)
質量(重量)
約260g(スタンド含む)

VUB33MN
項目
規格
伝送周波数帯域
76〜108MHz
(FM・ch.1〜3)
170〜222MHz
(ch.4〜12)
470〜770MHz
(ch.13〜62)
1032〜2655MHz
(BS・CS)
利得
25〜31dB
26〜35dB
通過帯域損失
4dB以下
利得調整範囲
0〜-10dB以上(連続可変)
雑音指数
3.5dB以下
4dB以下
3dB以下
実用入力レベル
※1
35.5(がまん限※2)〜69dBμ(79dBμ※3)
36(がまん限※2)〜69dBμ(79dBμ※3)
35(がまん限※2)〜76dBμ(86dBμ※3)
定格出力レベル
100dBμ(7波)
111dBμ※4/103dBμ※5
VSWR
3以下
2.5以下
増幅部電源
DC15V 0.11A(BS・110°CSアンテナヘ給電時:0.36A)
外観寸法/質量(重量)
増幅部:135(H)×148(W)×60(D)mm 約440g
※1
FM・ch.1〜12(VHF)は7波,ch.13〜62(UHF)は,アナログ2波の値
※2
実用入力レベルの最小値(がまん限)は,アナログ放送受信で実用になる限界です。(スノーノイズを完全に除去できません)
※3
利得を最小にしたときの,最大の実用入力レベル
※4
アナログ2波の値
※5 アナログ7波+デジタル9波の値(デジタル波が,アナログ波より10dB低い場合)

WP6
項目
規格
1次電圧
AC100V  50・60Hz
消費電力
3.8W(BS・110°CSアンテナ給電時:8.3W)
直流出力電圧(電流)
DC15V(最大0.6A)
挿入損失
2dB以下(76〜1336MHz)/2.5dB以下(1336〜2655MHz)
外観寸法
130(H)×68(W)×99(D)mm(スタンド取付時)
質量(重量)
約260g(スタンド含む)

ページの先頭へ戻る