ページの先頭へ

ケース別導入事例

Case study

4K8K放送の視聴には、
アンテナや受信機器も対応製品が必要です。

4K8K放送対応機器への早めの改修、交換をおすすめします。

ケース別導入事例

1

リビングのみ4K8K放送に対応にしたい

~まずは、1部屋で4K8K放送を楽しむ方~

4K8K放送対応BS・110°CSアンテナと4K・8Kテレビとを直接つなげるシステムです。 分配器やテレビ端子などは、天井裏やタンスなどの奥にある場合が多く、急な施工は困難です。 4K・8K放送を手軽に楽しみたい方にオススメします。

  • 4K8K放送対応品が必要
  • 従来品でも可
  • 4K8K放送対応品が必要
  • 従来品でも可
2

家中を改修したい

~すべて4K8K放送対応に切換えたい~

どの部屋でも4K8K放送を視聴できるようにしたい方にオススメのシステム例です。地上波のアンテナ部分を除くすべてを改修しますので、 屋根裏などの工事も必要です。リフォームや新築の方は最初から対応品を使用することをおすすめします。

  • 4K8K放送対応品が必要
  • 従来品でも可
3

賃貸マンションやアパートで

~各入居者で4K8Kに対応する場合~

賃貸マンションやアパートの場合、共同受信アンテナからは4K8K放送を伝送していない場合が多く、4K8K放送を各自で受信する必要があります。 4K8K放送を手軽に楽しむ場合、4K8K放送対応BS・110°CSアンテナと4K・8Kテレビを直接つなげることをオスメします。

  • 4K8K放送対応品が必要
  • 従来品でも可
  • 4K8K放送対応品が必要
  • 従来品でも可
4

マンションで4K8K放送に対応させたい

~共同受信設備のビル、マンション~

ビルやマンションの場合、管理会社や管理組合でまとめて改修工事を行う場合が多いので、4K8K放送対応されているか?今後改修予定があるのか?を確認する必要があります。4K8K放送対応済みの場合、 宅内の分配器、分波器(セパレーター)、TV接続ケールの交換で4K8K放送を楽しむ事ができます。

  • 4K8K放送対応品が必要
  • 従来品でも可

同軸ケーブルについて

同軸ケーブルが衛星放送非対応(形態の頭にSが付いていないもの)の場合は、同軸ケーブルの交換が必要になります。

同軸ケーブルがS-5C-FBなどBS・CS対応ケーブルの場合も、ケーブルの損失の増加を考慮する必要があります。

同軸ケーブルの信号レベル減衰量

項目同軸ケーブル
型式S-5C-FBS-7C-FB
減衰量
(dB/100m)
770MHz19.2dB14.0dB
1,300MHz26.1dB19.3dB
2,150MHz35.5dB26.5dB
2,681MHz40.8dB30.6dB
3,224MHz45.9dB(計算値)34.6dB(計算値)
Go to Global site