製品紹介

接続するだけで新4K衛星放送を視聴可能

4K対応テレビに本製品を接続することで、新4K衛星放送が受信でき、
高精細で臨場感のある映像を楽しむことができます。

4Kチューナーを設置すると
見られるチャンネル
新4K8K衛星放送対応機器に
すべて交換すると見られるチャンネル

製品特長

新4K衛星放送の録画が可能

推奨の外付けハードディスクを接続すれば、新4K衛星放送の録画が可能です。
※推奨の外付けハードディスクは後日ホームページにて掲載予定。

HLG方式のHDRに対応

新4K衛星放送で採用されるHLG方式のHDRに対応していますから、高精細で、より現実に近い美しい映像を見ることができます。

BT.2020に対応

4K放送の広色域BT.2020に対応していますから、色の表現範囲が大幅に拡大し、「実際に目で見える色」により近い表現が可能になっています。

4K(60p)に対応

4K(60p)に対応していますから、動きの速いスポーツなどの映像も滑らかに表示が可能です。

Gガイド HTML対応

電子番組表Gガイドに対応していますから、インターネットに接続することで、様々なコンテンツの検索が可能です。
※TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。

ダウンコンバート出力機能搭載

4K画質をフルハイビジョンに変換する機能を搭載していますから、現在お使いの2Kテレビでも新4K衛星放送をご覧いただくことができます。
※高精細な映像で見るためには4K対応テレビが必要です。

接続例

新4K衛星放送を視聴するために

4K対応テレビでは、新4K衛星放送受信用のチューナーが内蔵されていません。そのため、新4K衛星放送を見るには4Kチューナーが必要となります。
すべての新4K衛星放送を視聴するためには4Kチューナーだけではなく、
パラボラアンテナをはじめとする新4K8K衛星放送に対応した機器が必要となります。
マスプロ電工ではテレビ受信機器メーカーとして、新4K8K衛星放送に必要な機器をすべてご用意しています。

DT814規格表

項目 DT814
入力周波数 BS・110°CS:1032~3224MHz 4K放送のみ
入力レベル BS・110°CSデジタル:48~81dBμV
入力インピーダンス 75Ω
アンテナ入出力 入力×1/出力×1(F型コネクター)
HDMI出力端子 ×1 HDMI 2.0b with HDCP 2.2/1.4
USB端子 ×1 (最大5V/500mA)
LAN端子 ×1 RJ-45(10/100BASE-TX)
使用温度範囲 5℃~35℃
電源 AC100V 12V 3A (ACアダプター)
BS・110°CSアンテナ用電源 DC15V/最大4W
電源 電源入 10W(アンテナへの電源供給がないとき)
電源切 0.65W(アンテナへの電源供給がないとき)
外観寸法 本体:約34(H)×220(W)×146(D)mm
リモコン:約21(H)×51(W)×168(D)mm
外観寸法 本体:約600g
リモコン:約76g(乾電池を含まず)
電源 ・リモコン×1個 ・単4形乾電池×2個 ・ACアダプター×1個