ページの先頭へ

大規模同軸伝送の限界を解決!マスプロ電工の棟内光 伝送システム

豊富な棟内テレビ受信システムの技術をいかした棟内光 伝送システム製品ラインナップ

マスプロ電工の
棟内光 伝送システムとは?新4K8K衛星放送を高層マンションなどの
大規模施設で視聴するために

テレビ受信システムで使用するUHF/CATV(下り)、BS・CS(右左旋円偏波)の放送信号、
またはCS( )を光ファイバーを使って伝送できるシステムです。

POINT01低損失

光ファイバーは同軸ケーブルと比べて伝送損失が非常に少ないため、長距離伝送が必要な大規模施設での共同受信システムに最適です。

■ 同軸ケーブルの伝送損失(3224MHz)

S-5C-FB・・・・・45.9dB以下/100m ※1

S-7C-FB・・・・・34.6dB以下/100m ※1

■ 光ファイバーの伝送損失(3224MHz)

0.03dB以下/100m ※2

※1 当社製同軸ケーブル標準減衰量

※2 JIS C6835(SSMA-9.3/125、λ=1550nm)

POINT02伝送周波数による伝送損失の差がない

同軸ケーブルは、伝送周波数が高くなるほど損失が増える特性がありますが、光ファイバーは周波数に関係なくフラットな損失なため、帯域ごとのレベル計算が不要です。

システムイメージ

大規模広帯域伝送に最適な棟内テレビ受信システムです!

製品特長

POINT01

新4K8K衛星放送(3224MHz)の光 伝送に対応

新4K8K衛星放送で使用される周波数(3224MHz)に対応した光 伝送システムです。UHF/CATV(下り)、BS・CS(右左旋)または、CS( )のテレビ信号を光ファイバーで伝送することができます。

POINT02

光 伝送システムで同軸伝送システムの課題を解決!!

新4K8K衛星放送では、従来よりも高い周波数が使用されるため、伝送損失が大きくなります。高層マンションなどの大規模施設では、ブースターの多段カスケード接続となるなど、同軸伝送システムでは設計が複雑になります。光 伝送システムは、ケーブル伝送損失がほとんどありませんから、大規模施設でも設計・施工がシンプルで全ての住戸に安定した信号を伝送することができます。

POINT03

電波漏洩基準に準拠

光 送信機、光 受信機はUHF/CATV(下り)、BS・CSの全帯域で不要放射34dBμV/m以下ですから、携帯電話や無線機器などとの混信、電波障害に強いシステムが構築できます。
一般社団法人 電子情報技術産業協会のHSマークも取得しています。

POINT04

モデルが選択できる

設置方法によって光 送信機と光 増幅器はブースター型とハーフラック型、光 受信機はブースター型と樹脂ケース型が選べます。

同軸ケーブルシステムとの設計比較30階建256世帯のマンションの場合

棟内光 伝送システムのメリット

  • 設計・施工がシンプル
  • 端末品質が均一
  • メンテナンスが容易

システム設計例30階建て高層マンションの例

HFCシステム

既存のマンションの
改修に適しています。

各階ブースターまで光ケーブルを敷設するHFC方式。各階まで光ケーブルで伝送するためブースターのカスケード段数が減りシステムがシンプルになります。

HFC
SYSTEM

FTTH システム

新築のマンションに
適しています。

各戸まで光ケーブルを敷設するFTTH方式。設計がシンプルで接続する機器が少ないため、メンテナンスが容易です。また、各戸に受信機を設置するため、端末の信号品質を均一にすることができます。

FTTH
SYSTEM

製品紹介/仕様

光 送信機

OTD7BCW6A

  • CATV
  • UHF
  • BS
  • CS
  • 屋内用
  • 直接変調方式
  • デジタル
  • HS JEITA
OTD7BCW6A
光 送信機

Model:OTD7BCW6A

  • 入力切換スイッチにより「CATV/UHF」と「BS・CS」の入力を別入力か混合入力のどちらかに選択可能。
  • 帯域切換スイッチにより伝送周波数を選択可能ですから、「CATV受信」と「UHF受信」のどちらにも対応。
項目 OTD7BCW6A
CATV/UHF BS・CS
伝送周波数帯域※1 70~770MHz 1032~3224MHz
伝送波数※1 mode1(CATV) 112波 50波
mode2(UHF) 12波
使用光ファイバー シングルモード
光波長 1550±10nm
光変調方式 直接輝度変調
光出力レベル 6.5dBm±0.5dB
レーザータイプ 非温調型
光変調度 mode1(CATV) 2% 3%
mode2(UHF) 3%
標準入力レベル mode1(CATV) 61dBμV 63dBμV
mode2(UHF) 64dBμV
入力レベル調整 ATT 0、10dB 切換
チルト 0~⊖10dB以上(連続可変)/70MHz 0~⊖10dB以上(連続可変)/1032MHz
逆チルト 0、5、10dB切換/770MHz 0、5、10dB切換/3224MHz
変調レベル調整GC 0~⊖10dB以上(連続可変)
利得安定度 ±2dB以内 ±3dB以内
入力インピーダンス 75Ω(F型端子)
光コネクター SC-APC型(8度斜め研磨)
VSWR 2以下 2.5以下
C/N※2 mode1(CATV) 30dB以上/⊖12dBm
mode2(UHF) 33dB以上/⊖12dBm
CIN※2 ⊖28dB以下/⊖10dBm
⊖24dB以下/⊖12dBm
BER※3 1.0e-9以下 -
変調レベル測定端子 基準値±3dB以内
耐雷性 ±15kV(1.2/50μs)のサージ電圧に耐えること
不要放射 34dBμV/m以下
使用温度範囲 ⊖10~⊕40℃
電源 AC100V±10V 50・60Hz
消費電力 約14W/約32VA
BS・110°CSアンテナ給電時:約21W/約46VA
BS・110°CSアンテナ、UHFプリアンプ給電時:約23W/約49VA
外観寸法 191(H)×141(W)×67(D)mm
質量(重量) 約1.1kg

※1帯域切換スイッチで受信する帯域をCATV(70~770MHz)とUHF(70~710MHz)に切換え可能です。

※2C/N・CINは、当社基準 光 受信機と組み合わせて使用した時の値です。

※3BERは、当社基準 光 受信機、棟内ブースターと組み合わせて使用したときの値です。

OTD7BCW6H

  • CATV
  • UHF
  • BS
  • CS
  • 屋内用
  • 直接変調方式
  • デジタル
  • HS JEITA
OTD7BCW6H
光 送信機

Model:OTD7BCW6H

  • ラック用収納トレイ(RST2U)を使用してラックに設置できる、ハーフラックタイプの光 送信機。
  • 機器の作動状態を確認できる「内部作動監視」端子を搭載。
項目 OTD7BCW6H
CATV/UHF BS・CS
伝送周波数帯域 70~770MHz 1032~3224MHz
伝送波数 mode1(CATV) 112波 50波
mode2(UHF) 12波
使用光ファイバー シングルモード
光波長 1550±10nm
光変調方式 直接輝度変調
光出力レベル 6.5dBm±0.5dB
レーザータイプ 非温調型
光変調度 mode1(CATV) 2% 3%
mode2(UHF) 3%
標準入力レベル mode1(CATV) 61dBμV 63dBμV
mode2(UHF) 64dBμV
入力レベル調整 ATT
チルト 0~⊖10dB以上(連続可変)/70MHz 0~⊖10dB以上(連続可変)/1032MHz
逆チルト
変調レベル調整GC 0~⊖10dB以上(連続可変)
利得安定度 ±2dB以内 ±3dB以内
入力インピーダンス 75Ω(F型端子)
光コネクター SC-APC型(8度斜め研磨)
VSWR 2以下 2.5以下
C/N※1 mode1(CATV) 30dB以上/⊖12dBm
mode2(UHF) 33dB以上/⊖12dBm
CIN※1 ⊖28dB以下/⊖10dBm
⊖24dB以下/⊖12dBm
BER※2 1.0e-9以下
変調レベル測定端子 基準値±3dB以内
内部作動監視 正常:ショート(DC12V 入力:10mA)
異常:オープン
耐雷性 ±15kV(1.2/50μs)のサージ電圧に耐えること
不要放射 34dBμV/m以下
使用温度範囲 ⊖10~⊕40℃
電源 AC100V±10V 50・60Hz
消費電力 約13W/約32VA
外観寸法 43(H)×204(W)×270(D)mm(突起物は含まず)
質量(重量) 約1.9Kg

※1C/N・CINは、当社基準 光 受信機と組み合わせて使用したときの値です。

※2BERは、当社基準 光 受信機、棟内ブースターと組み合わせて使用したときの値です。

光 受信機

ORD7BCWT

  • CATV
  • UHF
  • BS
  • CS
  • 屋内用
  • 屋外用
  • デジタル
  • HS JEITA
ORD7BCWT
光 受信機

Model:ORD7BCWT

  • 取外し可能な電源部、ローゼット機能を内蔵。
  • 光低入力(⊖12~⊖6dBm)に対応しながら、RF高出力。(CATV下り/85dBμV、UHF/88dBμV、BS・CS/85dBμV)
  • 光入力レベルの状態を確認できる表示灯を搭載。
項目 ORD7BCWT
CATV/UHF BS・CS
伝送周波数帯域 70~770MHz 1032~3224MHz
伝送波数 mode1(CATV) 112波 50波
mode2(UHF) 12波
使用光ファイバー シングルモード
光波長 1550±10nm
光入力レベル ⊖12~⊖6dBm
AGC動作範囲 ⊖12~⊖6dBm
光変調度 mode1(CATV) 2% 3%
mode2(UHF) 3%
定格出力レベル※1 mode1(CATV) 85dBμV 85dBμV
mode2(UHF) 88dBμV
帯域内周波数特性※1 6dB以内
出力レベル調整ATT 0、15dB切換
AGC特性※1 ±4dB以内
利得安定度 ±2dB以内 ±3dB以内
出力インピーダンス 75Ω(F型端子)
光コネクター SC-SPC型
VSWR 2以下 2.5以下
C/N※1 mode1(CATV) 30dB以上/⊖12dBm
mode2(UHF) 33dB以上/⊖12dBm
CIN※1 ⊖28dB以下/⊖10dBm
⊖24dB以下/⊖12dBm
BER※2 1.0e-9以下
出力測定端子結合量 ⊖20dB(F型端子)
耐雷性 ±15kV(1.2/50μs)のサージ電圧に耐えること
不要放射 34dBμV/m以下
使用温度範囲 ⊖10~⊕40℃
防水性能※3 IP24準拠 (光 受信部のみ)
電源、消費電流 DC15V 約0.3A (出力端子から重畳可能)
外観寸法 200(H)×122(W)×59(D)mm
質量(重量) 約670g (電源部取外し時:約480g)

※1定格出力レベル・帯域内周波数特性・AGC特性・C/N・CINは、当社基準 光 送信機と組合わせて使用したときの値です。

※2BERは、当社基準 光 送信機、棟内ブースターと組合わせて使 用したときの 値です。

※3屋外に設置する場合は防水キャップ(別売品)が必要です。

ORD7BCWA

  • CATV
  • UHF
  • BS
  • CS
  • 屋内用
  • デジタル
  • HS JEITA
ORD7BCWA
光 受信機

Model:ORD7BCWA

  • 光低入力(⊖12~⊖6dBm)に対応しながら、RF高出力。(CATV下り/85dBμV、UHF/88dBμV、BS・CS/85dBμV)
  • 光入力レベルの状態を確認できる表示灯を搭載。
項目 ORD7BCWA
CATV/UHF BS・CS
伝送周波数帯域 70~770MHz 1032~3224MHz
伝送波数 mode1(CATV) 112波 50波
mode2(UHF) 12波
使用光ファイバー シングルモード
光波長 1550±10nm
光入力レベル ⊖12~⊖6dBm
AGC動作範囲 ⊖12~⊖6dBm
光変調度 mode1(CATV) 2% 3%
mode2(UHF) 3%
定格出力レベル※1 mode1(CATV) 85dBμV 85dBμV
mode2(UHF) 88dBμV
帯域内周波数特性※1 6dB以内
出力レベル調整ATT 0、15dB切換
AGC特性※1 ±4dB以内
利得安定度 ±2dB以内 ±3dB以内
出力インピーダンス 75Ω(F型端子)
光コネクター SC-SPC型
VSWR 2以下 2.5以下
C/N※1 mode1(CATV) 30dB以上/⊖12dBm
mode2(UHF) 33dB以上/⊖12dBm
CIN※1 ⊖28dB以下/⊖10dBm
⊖24dB以下/⊖12dBm
BER※2 1.0e-9以下
出力測定端子結合量 ⊖20dB(F型端子)
耐雷性 ±15kV(1.2/50μs)のサージ電圧に耐えること
不要放射 34dBμV/m以下
使用温度範囲 ⊖10~⊕40℃
電源 AC100V±10V 50・60Hz
消費電力 約6W/約12.3VA
ACコード長 約0.7m
外観寸法 205(H)×132(W)×40(D)mm
質量(重量) 約770g

※1定格出力レベル・帯域内周波数特性・AGC特性・C/N・CINは、当社基準 光 送信機と組合わせて使用したときの値です。

※2BERは、当社基準 光 送信機、棟内ブースターと組合わせて使用したときの値です。

光 増幅器

OA151A

  • 屋内用
  • デジタル
OA151A
光 増幅器

Model:OA151A

  • 表示灯で、光 増幅器の動作状態を確認可能。
  • 光入力レベルが規定値以下になると保護機能により光出力をシャットダウンします。
項目 OA151A
光波長 1550±10nm
光出力レベル 15dBm(標準値)
出力ポート数 1ポート
光入力レベル範囲 ⊖3~⊕8dBm
雑音指数 5dB以下(光入力レベル0dBmのとき)
光コネクター SC-APC型(8度斜め研磨)
使用温度範囲 ⊖10~⊕40℃
電源 AC100V 50・60Hz
消費電力 約2.6W/約6.3VA
外観寸法 207(H)×132(W)×40(D)mm
質量(重量) 約620g

OA154H

  • 屋内用
  • デジタル
OA154H
光 増幅器

Model:OA154H

  • 出力ポートを4ポート備えており、大規模な施設の多分配システムの構築が可能。
  • 表示灯で、光 増幅器の動作状態を確認可能。
  • 光入力レベルが規定値以下になると保護機能により光出力をシャットダウンします。
  • ラック用収納トレイ(RST2U)を使用してラックに設置できる、ハーフラックタイプの光 増幅器。
項目 OA154H
光波長 1550±10nm
光出力レベル 15dBm(標準値)
出力ポート数 4ポート
光入力レベル範囲 ⊖5~⊕10dBm
雑音指数 6dB以下(光入力レベル0dBmのとき)
光コネクター SC-APC型(8度斜め研磨)
使用温度範囲 ⊖10~⊕40℃
電源 AC100V±10V 50・60Hz
消費電力 約6.6W/約17.1VA
外観寸法 43(H)×204(W)×270(D)mm(突起物は含まず)
質量(重量) 約1.6Kg

アクセサリー

取付金具

製品名 Model
ラック用収納トレイ RST2U
ラック用ブランクパネル RST2U-BP
取付金具 HRTK2
BRACKET
OTD7BCW6H、OA154Hをラックマウントする際使用します。

RST2U

  • OTD7BCW6HOA154Hをラックマウントする際使用します。
機器1台収納時にラック用収納トレイの空きスペースを埋めるために使用するブランクパネルです。

RST2U-BP

  • 機器1台収納時にラック用収納トレイの空きスペースを埋めるために使用するブランクパネルです。
OTD7BCW6H、OA154Hを壁面などに固定する際使用します。

HRTK2

  • OTD7BCW6HOA154Hを壁面などに固定する際使用します。

ラック用収納トレイRST2U設置例

ラックに取付けた状態でも、収納トレイを取外すことなく機器を取出せます。

分岐スプリッタモジュール(斡旋品)

製品名
4分岐スプリッタモジュール
8分岐スプリッタモジュール
32分岐スプリッタモジュール
BRACKET
4分岐スプリッタモジュール

4分岐スプリッタモジュール

古河電気工業(株)製

8分岐スプリッタモジュール

8分岐スプリッタモジュール

古河電気工業(株)製

32分岐スプリッタモジュール

32分岐スプリッタモジュール

古河電気工業(株)製

・小型の筐体
・選べる固定方法(ネジ・マグネット)

縦横の設置方法を選択が可能(横の設置例)

縦横の設置方法を選択が可能(横の設置例)

縦横の設置方法を選択が可能(縦の設置例)

縦横の設置方法を選択が可能(縦の設置例)

可動するモジュール部

可動するモジュール部

項目 規格
4分岐スプリッタモジュール 8分岐スプリッタモジュール 32分岐スプリッタモジュール
分岐数 4 8 32
アダプタ種 SC
コネクタ研磨種 SPC研磨
アダプタ色 青色
外観寸法 29(H)×57(W)×94(D)mm 29(H)×77(W)×102(D)mm 54(H)×290(W)×207(D)mm
Go to Global site