ページの先頭へ
  1. マスプロホーム
  2. トピックス
  3. 日産自動車「X-TREME GOLF CUP 2015」へKodak PIXPRO SP360を協賛します

トピックストピックス

2015年7月24日

日産自動車「X-TREME GOLF CUP 2015」へ
「マスプロ電工(株) / Kodak PIXPRO SP360」を協賛
〜7月27日より96時間の戦いに挑む挑戦者たちをサポート〜


a.jpg


マスプロ電工株式会社(本社:愛知県日進市浅田町上納80番地)は、世界最大級の苛酷さ、タフさ、長さを誇るゴルフ大会「X-TREME GOLF CUP 2015」の開催を受け、この大会に向けた協賛を実施することを決定いたしました。
このゴルフ大会は、日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)が、「エクストレイル ハイブリッド」のプロモーション企画として7月27日(月)から実施するものです。一般公募により集められた参加者3名は、約4日間(96時間)に及ぶ、日本中をステージにしたゴルフ大会にチャレンジします。
マスプロ電工株式会社はこのチャレンジ精神あふれる大会参加者に向け、「SP360」を1式提供いたします。この提供により、マスプロ電工株式会社は挑戦者たちの大会完走をサポートいたします。
なお、7月27日から行われる本戦については、一部ご取材が可能です。
大会について、詳細は次頁以後をご確認ください。

b.jpg

公式サイトURL:http://www2.nissan.co.jp/SP/X-TRAIL/XTREMEGOLF/

c.jpg

「X-TREME GOLF CUP 2015」 協賛社

今大会の主旨にご賛同をいただき、「X-TREME GOLF CUP 2015」では、以下の各社様の協賛をいただいております。大会期間中、協賛社提供によるアイテムがこの大会に挑戦する方々の冒険をサポートいたします。

協賛社:五十音順

adidas golf :ウェア、シューズ等一式提供
Taylor Made Golf :ゴルフクラブ 一式提供
呉工業 :「5-56」 4日分提供
マスプロ電工(株) :「Kodak PIXPRO SP360」 カメラ一式提供

「Kodak PIXPRO SP360」 

 全方位撮影できる世界で初めてのアクションカメラで、世界一タフ 世界一長いこのゴルフカップの過酷なシュチュエーションや、挑戦者の雄姿をこのSP360でおさめ、閲覧者へ今までにないリアルな感覚に浸って頂くことを、実現する事が目的です。

d.jpg

 「X-TREM GOLF CUP 2015」 大会概要

開催期間: 2015年7月27日 6時30分 〜 約4日間 (96時間)
実施方法: 既存のコースは一切使用せず、大自然から街中まで日本全国18箇所に設置された
       特別コースを、本大会公式ゴルフカート「エクストレイル ハイブリッド」で移動しながらラウンド
大会期間中の参加者に対する支給: 食事、宿泊を無償提供
参加人数:3名  参加賞:10万円 (最終スコアに関わらず、完走したプレイヤーには無条件で贈呈)
優勝賞品: 「エクストレイル ハイブリッド」実車

挑戦者  ※ 7月17日時点 予定挑戦者 (諸事情により変更となる場合があります)

e.jpg

「X-TREM GOLF CUP 2015」 本コース概要

第1ホール  茨城県 「竜ヶ崎飛行場」  YARDAGE:874

概要:3人のゴルファーの旅立ちの地は、港ではなく滑走路。いかに真っすぐブッ飛ばせるか。ただそれだけが求められる直線コース。

第2ホール  千葉県 「ウインズMXパーク」  YARDAGE:236

概要:次なる舞台は、モトクロスコース。複雑に隆起した地形を超えた先、グリーンに待ち受けるのは巨大な泥沼のウォーターハザード。

第3ホール  千葉県 「ウインズMXパーク」  YARDAGE:202

概要:モトクロスコース特有の激しく波打つフェアウェイ。その高低差ゆえ、ピンフラッグを視認することさえも難しいかもしれない。

第4ホール  栃木県 「岩船山採掘場」  YARDAGE:121

概要:人の手で歪に削り取られた岩山。ひとたびボールが着地すれば、次の瞬間どこへバウンドするかは予測不能。

第5ホール  栃木県 「岩船山採掘場」  YARDAGE:233

概要:ティーグランドから見て真っすぐ先にはためくピンフラッグ。しかしその死角には1つの罠が。高低差約10m、悪魔が手招きするような巨大な谷だ。

第6ホール   栃木県 「大谷石資料館」  YARDAGE:123

概要:我々にとっては地下さえもゴルフ場だ。6Hの舞台は、かつての地下採掘場。外気との気温差は約20℃。灯りは僅か。

第7ホール 栃木県 「大谷石資料館」  YARDAGE:45

概要:わずか45YARDのショートホール。しかし、X-TREME GOLFが容易にワンオンさせるわけがない。まるで玉座のように高台に設けられたグリーン。その前には、侵入者を妨害するかのように石柱が立ちはだかる。

第8ホール 茨城県 「高萩製紙工場跡」  YARDAGE:165

概要:舞台は、何棟ものビルが建ち並ぶかつて栄えた製紙工場。まずゴルファー達が挑むのは、2棟の工場の間を抜けて瓦礫のグリーンを目指す8H。

第9ホール 茨城県 「高萩製紙工場跡」  YARDAGE:120

概要:ビルの屋上から、120YARD先に見える円形の奇妙な建物を狙え。

第10ホール 茨城県 「高萩製紙工場跡」  YARDAGE:180

概要:工場内の中庭を抜けて、ビル間に設置されたグリーンを目指す10H。ビルの壁面に当ててグリーンに落とすトリッキーな攻め方も有効かもしれない。

第11ホール 宮城県 「小原温泉明戸吊り橋」  YARDAGE:29

概要:ゴルファーであれば、どれだけパターが繊細なものか痛感しているはず。11Hは、パッティンググリーンという名の吊り橋だ。

第12ホール 岩手県 「岩手散策路」  YARDAGE:143

概要:このホールにYARDという単位に意味は無い。正確には274段。そう、まるで蛇のように曲がりながら続く石段が12Hの舞台なのだ。

第13ホール 岩手県 「岩手散策路」  YARDAGE:352

概要:“登山は登りより下りが難しい” そんな言葉が似合う散策路コース。石川啄木も愛したという険しい散策路を下った先に広がるグリーンを目指せ。

第14ホール 岩手県 「岩手町渓流」  YARDAGE:60

概要:美しい滝の上に設けられたティーグランドから、下流のカップを目指す渓流コース。コースの9割は、ウォーターハザード。

第15ホール 青森県 「小田野沢の砂浜」 YARDAGE:2,222

概要:15Hの舞台は小田野沢の広大な砂浜。細かなコース紹介は必要ないだろう。

第16ホール 青森県 「尻労の砂浜 」 YARDAGE:230

概要:史上最長の15Hを終えて、移動した先は下北半島の北端。ゴルファー達が見慣れたであろうバンカーの先に広がる雑草程度のグリーンを目指せ。

第17ホール 青森県 「尻屋崎灯台」  YARDAGE:478

概要:未知のハザードが立ち塞がる17H。舞台は日本で初めて霧鐘が設置された尻屋崎。ピンフラッグさえ見えないほどの濃霧。乱高下を繰り返す丘陵地。全身を覆うほど深いラフ。地蜘蛛の巣で細かく隆起したグリーン。そして極めつけは、放牧された寒立馬の群れ…

第18ホール 青森県 「尻屋崎灯台」  YARDAGE:200

概要:果てしなく長い。けど、冒険みたいに面白い。そんなコンセプトに相応しい最終ホールを用意した。ホールアウトの地は、本州最崖地。関門海峡の波が迫る浜辺に伸びるショートコース。

f.jpg
 

ページの先頭へ戻る