ページの先頭へ
  1. マスプロホーム
  2. 製品情報
  3. デジタルレベルチェッカー

デジタルレベルチェッカーデジタルレベルチェッカー

商品一覧

商品一覧

LCT5

  • 48.jpg
  • 地デジ.jpg
  • BS.jpg
  • 110cs.jpg
  • lte.jpg
  • rohs.gif

LCT5_01.jpg

Model希望
小売価格
¥(税別)
梱包数
LCT5 オープン価格 1

製品の規格は上記ボタンからパンフレットをご覧ください。

4K・8K(3224MHz)の測定が可能(日本初※1)

4K・8K放送の送出が予定されているBSデジタル・110°CSデジタルの左旋円偏波のレベルと簡易C/Nの測定※2が可能です。

  • ※1 2015年12月現在、ハンディータイプレベルチェッカー対象(マスプロ電工調べ)
  • ※2 C/N測定は、帯域外をノイズポイントとして測定する簡易C/Nになります。
3値同時測定が可能※3

液晶画面の大画面化により、受信レベル・BER・MER(C/N)の測定結果を同時に表示でき、一目で必要なデータを確認できますから、作業時間の短縮につながります。

  • ※3 BSデジタル放送、110°CSデジタル放送の左旋は、2値表示になります。

LCT5_02.jpg

全波一括測定機能を搭載(特許出願中)

地上デジタル放送、BS・110°CSデジタル放送、ワンセグ放送の放送切換がボタンひとつで行えます。

LCT5_03.jpg

測定データ保存機能を搭載

microSDカードにリスト表示、グラフ表示の測定データを保存できるようになり、かつ保存したデータの確認がレベルチェッカーで可能です。また、データをパソコンで編集する際、microSDカードを取出すことなく、レベルチェッカーとパソコンをUSB ケーブルで接続することで、データの取込みが可能です。 無償で提供するソフトウェアと併せて使用することで、書類作成が容易にできます。

LCT5_04.jpg

多チャンネル測定機能を搭載

来のハンディータイプのチェッカーで実現できなかった多チャンネル測定モードを実装しました。受信レベル・BER・MER(C/N)を同時に表示し、チャンネルごとに 受信判定表示をするリスト表示と、受信レベル、MER (C/N)※4をそれぞれ表示するグラフ表示の2種類あります。

  • ※4 MER(C/N)のグラフ表示はマスプロ製レベルチェッカーでは初めてです。

LCT5_05.jpg

データ保存・CSV形式でデータを書出し
報告書かんたん作成ソフト

microSDカードにリスト表示、グラフ表示の測定データを保存できるようになり、かつ保存したデータの確認がレベルチェッカーで可能です。また、データをパソコンで編集する際、microSDカードを取出すことなく、レベルチェッカーとパソコンをUSBケーブルで接 続することで、データの取込みが可能です。無償で提供するソフトウェア※5と併せて使用することで、書類作成が容易にできます。

※5Windows搭載のパソコン以外は対応していません。Microsoft Windowsが動作するパソコンでMicrosoft Excel、Microsoft Access 2010 Runtime(32bit版)がインストールされている環境で動作します。Windows ?および Microsoft Excelのバージョンや、64bit/32bit版に関わらず、MicrosoftAccess 2010 Runtime(32bit版)をインストールしてください。

LTEの測定が可能

LTE(携帯電話サービス700MHz帯)のRSSI(受信信号強度)を測定できます。また、リストやグラフで表示することもできます。

LCT5_06.jpg

受信確認マーク表示機能

地上デジタル放送に加え、BSデジタル放送、110°CSデジタル放送の受信確認マークを表示できますから、この一台で、地上デジタル放送、BSデジタル放送、110°CSデジタル放送のアンテナ調整が容易にできます。

LCT5_07.jpg

サウンド機能

MER(C/N)が低くなる(アンテナ方向がずれている)と低音(音のピッチが長い)、 MER(C/N)が高くなるほど高音(音のピッチが短い)でお知らせしますから、 画面を見ずにアンテナ方向調整が容易にできます。

スペクトラム測定(地上デジタル)

受信している信号をスペクトラム波形で表示しますから、遅延波(マルチパス波)の影響や、 帯域内偏差の有無などの受信状態を視覚的にとらえられます。

LCT5_08.jpg

遅延プロファイル測定(地上デジタル)

遅延波(マルチパス波)の有無や遅延波がガードインターバル内かどうかを、 視覚的にとらえられます。

LCT5_09.jpg

バックライト点灯

液晶表示部のバックライトが、操作中だけでなく、操作後も約1分間点灯しますから、 屋根裏などの暗い場所での作業に最適です。 バックライトの点灯は、ボタン操作により、ON/OFFできます。

LCT5_10.jpg

電源ラストステート

電源起動時に、最後に測定した状態(放送)から起動します。複数の壁面端子からのデータ測定作業に便利です。

DC電圧測定機能

衛星アンテナやブースターの増幅部へ供給する電源電圧を測定できます。

LCT5_11.jpg

項目 LCT5
測定チャンネル

UHF(地上デジタル放送) : ch.13〜52
BS : ch. 1〜23( 奇数チャンネル)
BS左旋 : ch. 2〜24( 偶数チャンネル)
CS(110°CS) : ch. 2 〜 26( 偶数チャンネル)
CS左旋 : ch. 1 〜 25( 奇数チャンネル)
LTE(携帯電話サービス) : 700MHz 帯

周波数範囲

UHF(地上デジタル放送) : 470 〜 710 MHz
BS : 1032.23 〜 1488.69 MHz
BS-L(BS左旋円偏波) : 2224.41 〜 2680.87 MHz
CS(110°CS) : 1532.75 〜 2070.25 MHz
CS-L(110°CS 左旋円偏波) : 2708.75 〜 3223.25 MHz
LTE(携帯電話サービス 上り) : 718 〜 748 MHz
LTE(携帯電話サービス 下り) : 773 〜 803 MHz

入力インピーダンス

75Ω(F 型端子)

測定レベル表示範囲

UHF(地上デジタル放送) : 18 〜 115dB?V
BS・110°CS、BS 左旋、CS 左旋 : 40 〜 110dB?V
LTE(携帯電話サービス) : 40 〜 110dB?V

測定レベル確度

± 2.5dB 以内
UHF(地上デジタル放送) : 35〜105dB?Vのレベルにおいて※1
BS・110°CS、BS 左旋、CS 左旋 : 45〜105dB?Vのレベルにおいて
LTE(携帯電話サービス) : 40〜110dB?Vのレベルにおいて
(測定信号にマルチパスがある場合、誤差が出ることがあります)

BER・MER・C/N 測定
入力レベル範囲

40〜115dBμV ※1 [UHF(地上デジタル放送)※2
  45〜100dBμV [BS・110°CS ※3

BER 表示範囲

2.2E-2〜0.0[UHF(地上デジタル放送)]
7.7E-2〜0.0[BS・110°CS]

MER 表示範囲

0〜32dB[UHF(地上デジタル放送)]

C/N 表示範囲

0〜30dB[BS・110°CS]

使用電池

単3形電池×4 本 電池寿命(目安)アルカリ乾電池:約14 時間※4
ニッケル水素電池:約18 時間※5

消費電力

UHF(地上デジタル放送) : 約0.8W
BS・110°CS : 約0.8W
BS 左旋、CS 左旋 : 約0.8W
LTE(携帯電話サービス) : 約0.7W

アンテナ電源

DC15V(最大270mA)

使用温度範囲

−10〜+40℃

カードスロット

microSDカードスロット(microSD・microSDHC 対応)

インターフェース

USB 端子(microB 端子)

外観寸法

218(H)×91(W)×28(D)mm[入力端子を含む]

質量(重量)

約360g(単3 形ニッケル水素電池4 本使用時)、約240g(本器のみ)

※1 UHF(地上デジタル放送)は、すべてのチャンネルの入力レベルを115dBμV 以下にしてください。チャンネル間のレベル差が15dB以上ある場合、入力レベルが低いチャンネルのレベル、MER、BERが正確に測定できないことがあります。
※2 ( 一社)電波産業会 ARIB TR-B14 階層パターン1、3において、地上デジタルテレビジョン放送でのモード、ガードインターバル長に準拠しているものが測定できます。
※3 BSではTC8PSK、110°CSではQPSKの変調方式の信号が測定できます。
※4 パナソニック製アルカリ乾電池 LR6EJ使用時(UHF測定、バックライト不使用、非給電時。?25℃で連続作動)
※5 パナソニック製ニッケル水素電池 BK-3HCD使用時(UHF測定、バックライト不使用、非給電時。?25℃で連続作動)

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る